.

法政大学  キャリアデザイン学部
英語 入試傾向と対策ポイント

英語対策

このページでは、法政大学 キャリアデザイン学部の英語入試問題の「傾向と対策ポイント」を解説しています。
法政大学のキャリアデザイン学部を目指す方には合格のヒントがきっとありますので、ぜひ参考にしていただければと思います。

法政大学 キャリアデザイン学部 英語の入試傾向

試験時間は90分

マークシート方式で読解問題4問の出題

空所補充、内容説明、同意表現、内容真偽、語句整序、などが出題の中心

設問が英語で書かれている場合もある

キャリアデザイン学部では、29年度は大問1題が英語で書かれていました。

出題される英文のテーマは、社会問題、環境問題、科学、人間について、インターネットなど多岐に渡る。

法政大学 キャリアデザイン学部 英語の対策

読解力の養成

法政大学法学部 キャリアデザイン学部の場合、問題の大半が長文読解となります。

試験時間に対して問題量が多く、時間の余裕はありません。そのため、英文の「論理展開」を素早く、正確につかめる力が合格を決めます。英文を読むときは、最初に一回速読し、大雑把に内容を把握し、その上で段落ごとに精読し内容をまとめていく練習をしましょう。その際、however、yet、still、nonetheless、などの接続詞、繰り返しの表現、言い換え表現、類似表現に注意しましょう。

様々なテーマから出題される長文

法政大学法学部 キャリアデザイン学部の場合、英文自体は難解ではありませんが、幅広いテーマで出題されます。日頃から様々な事柄に興味を持つこと、教養を身に着けることが求められます。普段からテレビのニュースの解説や新聞の社説、雑誌等で幅広い教養を身に付けることを心がけましょう。

英文の設問への対応が必要

法政大学法学部 キャリアデザイン学部の一部の大問で、設問が英語となっている場合があります。
英文の設問に慣れていないと、時間配分を誤ってしまうなど、思わぬ失点につながりかねません。英文で問われても、焦らずに対応できることが重要になります。

言い換え表現や、指示語問題の攻略がカギ

法政大学法学部 キャリアデザイン学部の問題では、下線部の意味に近い英文を選択肢から選ぶもの、指示語が指す内容を選ぶ設問が目立ちます。言い換え問題対策としては、同意表現や多義語に気をつけて単語帳や文法書に取り組むこと。指示語の問題では、必ず指示している内容は指示語より前の内容であることを意識して取り組みましょう

さらに詳しく法政大学・キャリアデザイン学部の傾向と対策を知りたい方、法政大学・キャリアデザイン学部に合格したい方、まずは無料の資料請求、お電話でのお問い合わせ・無料の学習相談をお待ちしております。

家庭教師のメガスタディには、法政大学・キャリアデザイン学部に高い合格実績を出しているトッププロ家庭教師が多数在籍しています。

少しでもご興味をお持ちいただいた方は、まずは合格に役立つノウハウや情報を、詰め込んだ無料の資料をご請求ください。お急ぎの方はお電話ください。

また、法政大学・キャリアデザイン学部に詳しい教務スタッフによる無料の学習相談も承っています。学習状況を伺った上で、残りの期間でどうやって受かるかをご提案いたしますので、ぜひお気軽にお問い合わせいただければと思います。

◀ 法政大学キャリアデザイン学部の他の教科も確認する

法政大学・キャリアデザイン学部 科目別対策

メガスタディオンライン
ページトップへ