.

法政大学  地理
入試傾向と対策ポイント

このページでは、法政大学の地理の特徴や攻略ポイントを解説しています。法政大学を目指す受験生にとっては役立つ情報が数多くありますので、ぜひご覧ください。

法政大学の地理入試問題の特徴

統計資料を使った問題が頻出

法政大学の地理では、統計表やグラフを用いた、統計資料問題がよく出題されます。各国・各地域の人口、鉱工業、貿易、投資、農林業などの基本的な統計については、統計集を用いて勉強しておきましょう。統計資料はただ暗記するのではなく、国や土地の地理的条件や事象も関連付けて覚えることがポイントです。そうすることで、統計データを分析する時に、データの背景(その国の地理的条件や事象)を交えて議論することができるため、より深い考察をすることができます。

時事問題を絡めた問題が出題される

法政大学の地理では、年度によって、ニュースで話題に挙がった時事性の高い事柄が出題されます。とくに、経済のグローバル化や環境問題、災害、民族問題を取り上げられることが多いです。日頃から、新聞やテレビのニュースに触れ、話題のニュースを、地理的事象と絡めて捉えておいてください。

空欄補充問題が多い

法政大学の地理では、設問の種類としては、空欄補充問題が多く出題される傾向があります。教科書や授業を通して十分に基礎を固めたら、様々な問題に取り組んで、知識の定着と、より詳細な知識の獲得に努めましょう。空欄補充問題に適した問題集としては、一問一答の問題集がお勧めです。
選択式の空欄補充問題の場合、法政大学の地理では、選択肢の中に紛らわしい重要事項がいくつも並べられています。また、記述式でも、空欄補充問題はよく出題されていますので、漢字のミスや表記ミスをしないよう、正確な知識をしっかり身につけてください。

メガスタディオンライン
ページトップへ