.

慶應義塾大学  総合政策学部
数学 入試傾向と対策ポイント

数学対策

このページでは、慶應義塾大学 総合政策学部の数学入試問題の「傾向と対策ポイント」を解説しています。
慶應義塾大学の総合政策学部を目指す方には合格のヒントがきっとありますので、ぜひ参考にしていただければと思います。

慶應義塾大学総合政策学部 数学の入試傾向

基本情報

試験時間 120分
大問数 6題
解答形式 マークシート式

大問の内訳・内容

大問 項目 解答形式 備考
1 数と式・式と証明・複素数と方程式 マークシート式 数学Ⅰ・Ⅱより
2 平面図形 マークシート式 数学Aより
3 式と証明 マークシート式 数学Ⅱより
4 図形と方程式 マークシート式 数学Ⅱより
5 確率 マークシート式 数学Aより
6 2次関数・数列 マークシート式 数学Ⅰ・Bより

例年、「確率・場合の数・組み合わせ」から大問が1題出題される

慶應総合政策学部の数学は例年、「確率・場合の数・組み合わせ」から大問が1題出題されており、対策が必要です。初見の問題も出題されやすいため、戸惑う受験生も多く、型にはまらない思考力が求められます。

意外と「数値計算とコンピュータ」の問題が平易

数学Bの選択問題では「数列・ベクトル」を選択する受験生がほとんどですが、意外と「数値計算とコンピュータ」の問題が平易で、「数列、ベクトル」より点数を取りやすいこともあります。

数学Bの問題では数列の問題が出題されやすい

近年ベクトルの問題は出題されておらず、数学Bの問題では数列の問題が出題されやすい傾向にあります。

数学Ⅰ・Ⅱ・A(場合の数と確率、整数の性質、図形の性質)・B(確率分布と統計的な推測、数列、ベクトル)から出題される

慶應総合政策学部の数学は、数学Ⅰ・Ⅱ・A(場合の数と確率、整数の性質、図形の性質)・B(確率分布と統計的な推測、数列、ベクトル)から出題されます。 解答方式は、選択式で、全ての問題が空欄に0~9の数字またはマイナス符号を記入する形式です。

問題数は少ないものの、難問も含まれるため、時間的な余裕があるとは言えない

例年大問は5題でしたが2016年度から6題に変更されています。試験時間は120分です。 時間に対する問題数は少ないですが、解法の突破口を見つけるのが難しい問題や、複雑な計算を伴う問題も含まれているので、時間に余裕があるとは言えません。

慶應義塾大学総合政策学部 数学の対策

長い問題文に慣れる

慶應総合政策学部の数学は、解法はオーソドックスなものの、問題文が長いため、一風変わった問題に見えやすいです。 数年分の過去問を解き、長い問題文の空所を補充する問題に慣れておきましょう。 環境情報学部の数学でも、総合政策学部と似た出題形式がとられているので、環境情報学部の過去問もあわせて解いておくことがおすすめです。

理系並みの計算力と思考力を

慶應総合政策学部の数学は、かなりの計算力を要する問題も多く、迅速かつ正確な理系並みの計算力が必要です。 日頃から、時間を測って問題を解き、なおかつ解法が立った時は必ず正解できるような正確さを追い求めましょう。

さらに詳しく慶應義塾大学・総合政策学部の傾向と対策を知りたい方、慶應義塾大学・総合政策学部に合格したい方、まずは無料の資料請求、お電話でのお問い合わせ・無料の学習相談をお待ちしております。

家庭教師のメガスタディには、慶應義塾大学・総合政策学部に高い合格実績を出しているトッププロ家庭教師が多数在籍しています。

少しでもご興味をお持ちいただいた方は、まずは合格に役立つノウハウや情報を、詰め込んだ無料の資料をご請求ください。お急ぎの方はお電話ください。

また、慶應義塾大学・総合政策学部に詳しい教務スタッフによる無料の学習相談も承っています。学習状況を伺った上で、残りの期間でどうやって受かるかをご提案いたしますので、ぜひお気軽にお問い合わせいただければと思います。

◀ 慶應義塾大学総合政策学部の他の教科も確認する

慶應義塾大学・総合政策学部 科目別対策

メガスタディオンライン
ページトップへ