.

日本大学  生物資源科学部
国語 入試傾向と対策ポイント

国語対策

このページでは、日本大学 生物資源科学部の国語入試問題の「傾向と対策ポイント」を解説しています。
日本大学の生物資源科学部を目指す方には合格のヒントがきっとありますので、ぜひ参考にしていただければと思います。

概要(出題範囲、出題量、出題・回答形式)

日本大学 生物資源科学部の入試は、英語を必須とし、その他の科目は受験者が得意とする科目を2科目選択する方式をとっています。国語もそのひとつとして選択できる科目であり、試験時間は選択2科目合わせて120分です。日本大学生物資源科学部の国語は、全問選択式の設問で、マークシート方式で解答します。出題量は、大問3題、現代文2題・古文1題の出題が続いています。

出題内容

日本大学 生物資源科学部の国語は、現代文・古文ともに基本~標準レベルの入試問題です。
現代文の出題傾向は、評論や随筆が頻出です。設問では、接続詞などの品詞や語句の空所補充、熟語、語意、内容説明・真偽、文学史など、多様な問題が出題されます。
古文では、これまで、日記・歌論・説話など幅広いジャンルから出題されてきました。設問は、語意、文法、空所補充、内容説明・真偽が必出です。また、基本的な文学史に関する設問も頻出しています。

対策

基本事項をマスターする

日本大学 生物資源科学部の国語は、基本的な知識を問う問題が多く出題されます。漢字や慣用句などの国語常識や古文の基本語句・文法を問う問題は、暗記すれば、得点源になりやすい分野です。漢字や熟語の問題集、古文単語集を用いて繰り返し学習し、現代文・古文ともに、漢字、四字熟語、ことわざなどの基礎知識をしっかり固めておきましょう。また、文学史や古典常識などは、国語便覧を用いて学習するとよいでしょう

現代文では難解な選択肢が含まれている

現代文の設問は、基本事項を問う問題がほとんどです。しかし、なかには、ややこしい選択肢や受験生を迷わせるような選択肢がふくまれる設問もよく見られます。そのような設問に対処するには、本文を理解するための読解力だけでなく、選択肢の意図を把握できる力も必要となります。日頃の問題演習では、選択肢の正誤に対して確かな根拠づけをするように取り組み、選択肢の検証方法を身につけましょう。

さらに詳しく日本大学・生物資源科学部の傾向と対策を知りたい方、日本大学・生物資源科学部に合格したい方、まずは無料の資料請求、お電話でのお問い合わせ・無料の学習相談をお待ちしております。

家庭教師のメガスタディには、日本大学・生物資源科学部に高い合格実績を出しているトッププロ家庭教師が多数在籍しています。

少しでもご興味をお持ちいただいた方は、まずは合格に役立つノウハウや情報を、詰め込んだ無料の資料をご請求ください。お急ぎの方はお電話ください。

また、日本大学・生物資源科学部に詳しい教務スタッフによる無料の学習相談も承っています。学習状況を伺った上で、残りの期間でどうやって受かるかをご提案いたしますので、ぜひお気軽にお問い合わせいただければと思います。

◀ 日本大学生物資源科学部の他の教科も確認する

日本大学・生物資源科学部 科目別対策

メガスタディオンライン
ページトップへ