.

成蹊大学  経済学部
日本史 入試傾向と対策ポイント

日本史対策

このページでは、成蹊大学 経済学部の日本史入試問題の「傾向と対策ポイント」を解説しています。
成蹊大学の経済学部を目指す方には合格のヒントがきっとありますので、ぜひ参考にしていただければと思います。

傾向

成蹊大学 経済学部(一般入試[A方式])の日本史は、大きく3つの特徴があります。

・教科書レベルの問題がほとんど
・近現代史の問題には、ハイレベルなものもある
・近現代史の比重が高い

こうした傾向に合わせ、成蹊大学 経済学部(一般入試[A方式])の日本史で合格点を取るための対策を、これからお伝えしていきます。

出題範囲

原始から近現代まで、まんべんなく出題されます。

難易度

標準・やや難

出題量

大問数は例年4題で、解答個数は例年42個です。2015年度は大問が5つでしたが2016年度は例年通りの4題に戻っています。

出題・解答形式

全問マークセンス方式です。正文誤文選択、語句選択が中心です。その他、年代の配列問題や組み合わせ形式の選択問題も出題されています。

出題内容

原始から戦後史まで、ほぼ全時代から出題されています。単独の時代のみの問題は少なく、数時代にわたっています。
出題は近現代に偏っており、近現代だけで6~7割近くを占めます。戦後史については、独立した問題はありませんが、毎年複数問出題されており、問われる内容も細かいことに特徴があります。特に戦後の政治・外交・経済の出題は、細部にわたっています。
分野別では、政治・外交史の比重が高く、全体の3分の2を占めています。
史料問題は、必出ではありませんが、ほぼ毎年出題されています。
近現代史の政治・経済分野では、グラフ、地図、風刺画、写真などの利用が多く見られます。

対策

歴史を流れで理解する

成蹊 経済学部の日本史は、設問の大半が教科書レベルの内容です。ですから、教科書をベースに対策をすることが肝心です。
ただ、教科書の太字だけを暗記すれば良いというのではなく、脚注や図表、年表、写真にも目を通しましょう。
重要用語を暗記すると言うよりは、教科書全体を体系的に理解し、歴史を流れとして掴むことが大切です。教科書を繰り返し読み返し、復習することが合格へと繋がっていきます。
ただ、重要用語の暗記までは受験生一人でも問題ありませんが、歴史の流れを体系的に理解する段階になると、なかなか難しい面があります。成蹊 経済学部の日本史に詳しい人であれば、傾向に即して歴史の流れを教えることができます。教科書、参考書などの文字ベースで内容を掴むより、一度解説をしてもらった方が理解も早く、内容も定着しやすいので、傾向に詳しい人の手を借りるのは良い対策です。

正文(誤文)選択問題で点を稼ぐには

成蹊 経済学部の日本史では、正文もしくは誤文を選択させる形式の問題が多く出題されます。
こうした正誤問題は、曖昧な知識では正解を導きだせません。
攻略のポイントは、選択肢一つ一つにつき、「何が間違っているか」の根拠を明らかにすることです。問題演習をしながら、教科書・参考書・用語集などを参考にし、必ず根拠を明らかにしましょう。そうしているうちに、年代が狙われやすいなど、正誤問題で狙われるパターンも見えてきます。パターンが見えてくれば、「この辺りが間違っているのではないか」と当たりをつけやすくなり、正答率も上がります。
ただ、こうしたパターンを見出すためには、問題演習をしながら、選択肢を細かく分析することが必要です。受験生一人でこなすには、かなり膨大な量になります。成蹊 経済学部の日本史に詳しい人であれば、正誤問題の解き方のポイントや、押さえておくべき重要事項などを傾向に合わせて教えることができます。ですから、必要な勉強に絞れるため、短期間でも大きな成果を出せます。対策の一つとして、検討してみても良いでしょう。
また、正誤問題には慣れも必要です。成蹊 経済学部の過去問や、センター試験の過去問などを用い、正誤選択の問題演習を行いましょう。問題形式に慣れれば、ケアレスミスも少なくなり、スピーディに解答できるようになります。

近現代史を重点的に

成蹊 経済学部の日本史は、近現代史の比重が大きくなっています。ですから、近現代史を重点的に学習することが必要になってきます。政治・外交を軸に、経済・文化なども関連させて整理することが大切です。
とくに戦後史については、世界各国との関係も出来てくるので、世界史的な視点からも重要事項を理解する必要があります。
また、正誤問題では、近現代から、かなり細かい知識を問う問題が出題されているので、注意が必要です。歴史的な事件、事柄に関して、内容・背景・因果関係まで、しっかり押さえることが重要です。首相を軸として内閣ごとに出来事を整理しながら、まとめておくと良いでしょう。さらに、教科書の脚注部分や用語集なども活用して、知識を整理することをお勧めします。
成蹊 経済学部に詳しい人の手を借りるのも良い対策の一つです。成蹊 経済学部の日本史傾向に合わせ、押さえるべきポイント、入試に狙われやすいポイントを教えてくれるので、効率良く合格に必要な知識を身につけられます。近現代史は、世界各国とも絡んでくるので、一人で勉強するにはやや難解な部分もあります。各国の関係性、物事の関連性など、紐解いて指導してもらうと理解の助けとなります。

さらに詳しく成蹊大学・経済学部の傾向と対策を知りたい方、成蹊大学・経済学部に合格したい方、まずは無料の資料請求、お電話でのお問い合わせ・無料の学習相談をお待ちしております。

家庭教師のメガスタディには、成蹊大学・経済学部に高い合格実績を出しているトッププロ家庭教師が多数在籍しています。

少しでもご興味をお持ちいただいた方は、まずは合格に役立つノウハウや情報を、詰め込んだ無料の資料をご請求ください。お急ぎの方はお電話ください。

また、成蹊大学・経済学部に詳しい教務スタッフによる無料の学習相談も承っています。学習状況を伺った上で、残りの期間でどうやって受かるかをご提案いたしますので、ぜひお気軽にお問い合わせいただければと思います。

◀ 成蹊大学経済学部の他の教科も確認する
メガスタディオンライン
ページトップへ