.

成蹊大学  法学部
政治経済 入試傾向と対策ポイント

政治経済対策

このページでは、成蹊大学 法学部の政治経済入試問題の「傾向と対策ポイント」を解説しています。
成蹊大学の法学部を目指す方には合格のヒントがきっとありますので、ぜひ参考にしていただければと思います。

傾向

成蹊大学 法学部A方式の政治・経済は、大きく3つの特徴があります。

・政治・経済ともに基本問題が中心
・正誤判断の問題が頻出
・時事問題がよく出る

こうした傾向に合わせ、成蹊大学 法学部の政治・経済で合格点を取るための対策を、これからお伝えしていきます。

出題範囲

政治・経済の各分野から幅広く出題されています。

難易度

標準・やや難

出題量

大問が3、4題で、小問数50問の出題です。
試験時間は60分です。

出題・解答形式

全問マークセンス方式です。
解答形式は正文・誤文選択問題や空所補充問題が大部分です。

出題内容

政治分野では日本国憲法、中でも基本的人権に関する出題が多いです。
経済分野では日本経済の発展、国際経済システムなどの重要単元に加え、時事的要素の強いものが出題されています。

対策

基本問題で確実に得点するには

成蹊 法学部の問題の多くは、教科書レベルの知識を問う問題です。ですから、基本を確実に得点することが合格のポイントとなります。
基本事項を確実に身につけるために、教科書をベースに学習を進めましょう。基本用語や人物名など太字になっているところはもちろん、全体の流れも理解できるよう繰り返し読みましょう。
こうして知識をインプットした後は、穴埋め式の問題集などを利用して演習をすると、知識を定着させられます。

正誤判断の実力養成には

成蹊 法学部の問題は、マークセンス方式の正誤判断問題が大半を占めます。
この正誤判断問題を解くポイントは、単に正解を選んだだけで終わりにしないことです。選択肢1つひとつについて「なぜ間違っているのか」の根拠を明らかにすることで、さらに実力を養成できます。
ただ、問題集によっては、解説が足りないものも多くあり、解説を読んだだけでは十分な対策ができないこともあります。ですから、成蹊 法学部の政治・経済の傾向に詳しい人の力を借りるのも良いでしょう。傾向に合わせ、合格に必要な知識を補いながら、問題集ではカバーしきれない所まで解説してくれるので、本番時に正解をしっかり絞り込めるようになり、着実に点数を重ねることができます。
また、マークセンス方式の正誤判断問題は、問題形式に慣れないと難しいため、問題形式が類似しているセンター試験の過去問に取り組むのもオススメです。

時事問題対策

成蹊 法学部では時事問題がよく出題されるので、時事問題対策が必須です。
日頃から新聞に目を通し、ニュースを見ましょう。さらに、新聞については重要と思われる記事をスクラップにし、ニュースについてはノートに要点をまとめておくと理解が深まります
ただ、重要なニュースや入試に狙われやすいニュースを受験生が判断するのは難しいので、成蹊 法学部に詳しい人の指導を受けるのも良いでしょう。傾向に詳しい人は、「狙われやすい時事テーマ」、「押さえるべきポイント」を教えくれます。。受験生一人では対策しにくい時事問題対策もしっかりしてくれるので、合格に必要な時事に関する知識を身に付けられます。

さらに詳しく成蹊大学・法学部の傾向と対策を知りたい方、成蹊大学・法学部に合格したい方、まずは無料の資料請求、お電話でのお問い合わせ・無料の学習相談をお待ちしております。

家庭教師のメガスタディには、成蹊大学・法学部に高い合格実績を出しているトッププロ家庭教師が多数在籍しています。

少しでもご興味をお持ちいただいた方は、まずは合格に役立つノウハウや情報を、詰め込んだ無料の資料をご請求ください。お急ぎの方はお電話ください。

また、成蹊大学・法学部に詳しい教務スタッフによる無料の学習相談も承っています。学習状況を伺った上で、残りの期間でどうやって受かるかをご提案いたしますので、ぜひお気軽にお問い合わせいただければと思います。

◀ 成蹊大学法学部の他の教科も確認する
メガスタディオンライン
ページトップへ