.

成蹊大学  理工学部
英語 入試傾向と対策ポイント

英語対策

このページでは、成蹊大学 理工学部の英語入試問題の「傾向と対策ポイント」を解説しています。
成蹊大学の理工学部を目指す方には合格のヒントがきっとありますので、ぜひ参考にしていただければと思います。

傾向

成蹊大学 理工学部(一般入試 [A方式])の英語は、大きく3つの特徴があります。

  • ・長文読解がほとんど
  • ・単語・熟語について、読解問題の設問で問われることが多い
  • ・記述問題が出題される

こうした傾向に合わせ、成蹊大学 理工学部(一般入試 [A方式])の英語で合格点を取るための対策を、これからお伝えしていきます。

出題範囲

読解、文法・語法が出題されます。

難易度

標準

出題量

試験時間60分、大問3~4題の出題です。

大問3題が長文読解問題、大問1題が文法問題として出題される傾向にあります。

出題・解答形式

マーク式と記述式を併用しています。

出題内容

設問は同意表現や空所補充、内容真偽が中心で、整序英作文、タイトル選択などもあります。

記述式設問として、傍線部の英文和訳が出題されることもあります。

対策

速読・読解力をつけよう

成蹊大学 理工学部の英語は、長文読解問題で構成されています。そのため、ゆっくり英文を読んでいると、試験時間内に解き終えることができなくなっていまいます。試験時間内に解き終えるためには、大まかな内容を一読で把握できる力がカギとなります。まずはテキストや長文問題集を使って、英文に慣れることから始めましょう。英文を読む際には、意味を把握しながら読み進めるよう、意識することが必要です。

同意表現や空所補充の設問が頻出

長文を読む上で、最も大切な能力のひとつが単語力です。成蹊大学 理工学部の英語では、長文読解問題が中心に出題されるとともに、同意表現や空所補充の設問が数多く出題される傾向があります。入試の基礎単語を、単語帳を活用して覚えるとともに、普段使っているテキストや問題集でも、未知の単語に出会ったらその都度覚えるようにしましょう。

過去問研究をしよう

成蹊大学 理工学部の英語は、例年同じような出題傾向が見られます。成蹊大学 理工学部を志願する受験生は、入試直前になってからといわず、早いうちから過去問にチャレンジしましょう。過去問を解けば解くほど、入試問題の傾向をつかむだけでなく、自分の弱点を知ることもできます。
入試日が近づいてからは、本番の時間配分を意識し、時計を見ながら問題に取り組みましょう。

さらに詳しく成蹊大学・理工学部の傾向と対策を知りたい方、成蹊大学・理工学部に合格したい方、まずは無料の資料請求、お電話でのお問い合わせ・無料の学習相談をお待ちしております。

家庭教師のメガスタディには、成蹊大学・理工学部に高い合格実績を出しているトッププロ家庭教師が多数在籍しています。

少しでもご興味をお持ちいただいた方は、まずは合格に役立つノウハウや情報を、詰め込んだ無料の資料をご請求ください。お急ぎの方はお電話ください。

また、成蹊大学・理工学部に詳しい教務スタッフによる無料の学習相談も承っています。学習状況を伺った上で、残りの期間でどうやって受かるかをご提案いたしますので、ぜひお気軽にお問い合わせいただければと思います。

◀ 成蹊大学理工学部の他の教科も確認する

成蹊大学・理工学部 科目別対策

メガスタディオンライン
ページトップへ