.

全国対応の家庭教師

同志社大学  商学部
英語 入試傾向と対策ポイント

英語対策

このページでは、同志社大学 商学部の英語入試問題の「傾向と対策ポイント」を解説しています。
同志社大学の商学部を目指す方には合格のヒントがきっとありますので、ぜひ参考にしていただければと思います。

同志社大学・商学部・英語の入試傾向

基本情報

試験時間 100分
大問数 3題
解答方式 マークシート・記述併用型
配点 200点満点

大問の内訳・内容

問題番号 内容 解答形式
1 読解 記述:英文和訳
選択:空所補充、同意表現、内容説明、内容真偽
2 読解 選択:空所補充、同意表現、内容説明、内容真偽
3 会話文/英作文 記述:英文和訳
選択:空所補充

同志社大学・商学部・英語の対策

同志社大学の英語は、全学部と全日程ともに形式が同じとなっています。学部によっては、出題される内容の専門性が異なることがありますが、大まかな出題傾向は変化がありません。過去問演習を繰り返し、出題形式に慣れておくことはもちろん、問題の難易度を理解して、早めの学習計画を立てるようにしましょう。

大問1と大問2では、「長文読解問題」が必ず出題されます。大問1では900語程度、大問2では700語程度の文章からの出題となります。語数が多いだけでなく、全体の半分以上を「長文読解問題」が占めているため、「長文読解問題」で高得点を取って合格を勝ち取りましょう。

さて、同志社大学・商学部の英語で高得点を取るには、どうすれば良いでしょうか。第一に、同志社大学の入試傾向に合った「長文読解力」を身につけることです。同志社大学の「長文読解問題」では、1文1文が長く、意味が取りにくいことが特徴です。焦らず冷静に、1文1分を精読しながら読むようにしましょう。100分間の試験時間から考えると、大問1と2はそれぞれ30~40分間で解くことが望ましいです。文構造を理解しながら、文章を読み進めるようにしましょう。S, V, O, C, Mや、so that S+Vの訳の仕方などを、当てはめながらきちんと文意を正確に捉えていくイメージです。

いの一番に、語彙が重要になることは言わずもがなでしょう。単語やイディオムを知らなければ、1つの文でさえ読むのに精一杯になってしまうからです。単語帳や参考書に載っている語彙は、確実に押さえましょう。早い段階で完成させます。余裕が出てきたら、今度は同意表現、関連語、反意語、一緒に使われる前置詞(例えば、”apologize”であれば、”apologize to A for O”で、「AにOのことで謝る」)とセットに覚えるようにします。

「暗記した」で終わらせない

言語運用能力も鍛えるようにしましょう。具体的には、覚えた単語やイディオムを実際に文章にして書き起こすことです。同志社大学の英語では、和文英訳が必ず出題されるため、日本語に対応する単語を瞬時に抜き出し、また、それらを組み立てて文章を書けるようにします。

さらに詳しく同志社大学・商学部の傾向と対策を知りたい方、同志社大学・商学部に合格したい方、まずは無料の資料請求、お電話でのお問い合わせ・無料の学習相談をお待ちしております。

家庭教師のメガスタディには、同志社大学・商学部に高い合格実績を出しているトッププロ家庭教師が多数在籍しています。

少しでもご興味をお持ちいただいた方は、まずは合格に役立つノウハウや情報を、詰め込んだ無料の資料をご請求ください。お急ぎの方はお電話ください。

また、同志社大学・商学部に詳しい教務スタッフによる無料の学習相談も承っています。学習状況を伺った上で、残りの期間でどうやって受かるかをご提案いたしますので、ぜひお気軽にお問い合わせいただければと思います。

◀ 同志社大学商学部の他の教科も確認する

全国どこからでも オンラインプロ家庭教師​

メガスタディのプロ家庭教師
首都圏以外にお住まいの方は
「メガスタディオンライン」でプロ家庭教師の授業が受けられます。 インターネットとパソコンがあれば、どなたでも簡単に、生身の家庭教師が隣で教えるのと、遜色ない指導を受けられます。
部活から帰宅後の遅い時間でも指導が受けられたり、共働きで留守がちのご家庭からも大変好評をいただいております。



同志社大学・商学部 科目別対策

メガスタディオンライン
ページトップへ