.

関西学院大学
国際学部
英語 入試傾向と対策ポイント

偏差値40から関西学院大学に合格させます!
私大受験専門・家庭教師メガスタディが入試傾向を徹底解説!

英語対策

このページでは、関西学院大学 国際学部の英語入試問題の「傾向と対策ポイント」を解説しています。
関西学院大学の国際学部を目指す方には英語入試の合格のヒントがきっとありますので、ぜひ参考にしていただければと思います。

関西学院大学 国際学部 英語の入試傾向

基本情報

試験時間 90分
大問数 6題
解答形式 マークシート・記述併用型
その他 設問はすべて日本語

大問の内訳・内容

問題番号 項目 解答形式
1 読解 記述:英文和訳
選択:空所補充、内容真偽、同意表現
2 読解 記述:英文和訳
選択:空所補充、内容真偽、同意表現
3 読解 選択:空所補充、内容説明、同意表現
4 文法・語彙 記述:空所補充
5 (A)文法・語彙・英作文/(B)英作文 記述:和文英訳(書き出し指定)
選択:語句整序
6 会話文 選択:空所補充

関西学院大学 国際学部 英語の対策

関西学院大学では、読解力を身につけることが重要です。なぜなら、例年、「長文読解問題」が3題、比較的長めの「会話文問題」が1題、出題されるからです。つまり、読解力を必要とする問題が、全体の半分以上を占めているのです。単語やイディオムといった、読解力をつけるうえで基本となる語彙は、できるだけ早い段階で完成させておきましょう。

国際学部の英語は、他の学部と異なって、やや特殊です。難解で馴染みのない単語や表現が頻繁に見られるからです。語彙を知っていることに越したことはありませんが、すべての語彙を網羅することはほぼ不可能でしょう。しかし、諦めてはいけません。そういった難しい表現は、前後の文脈から類推することができるのです。パラグラフの主旨から流れを汲んだり、前後の文の接続詞をヒントに、話の流れや展開を見失わないようにすることが大切です。

普段の演習では、評論文を中心に取り組むことをおすすめします。出題されるジャンルは、評論が多いからです。語数は300~500語程度が良いです。法論独特の言い回しに慣れるとともに、見慣れない単語や斬新な表現はその都度、調べるようにします。

関西学院大学・国際学部の傾向と対策を知りたい方、
まずは無料の資料請求、学習相談を

家庭教師のメガスタディには、関西学院大学・国際学部に高い合格実績を出しているトッププロ家庭教師が多数在籍しています。

少しでもご興味をお持ちいただいた方は、まずは合格に役立つノウハウや情報を、詰め込んだ無料の資料をご請求ください。お急ぎの方はお電話ください。

また、関西学院大学・国際学部に詳しい教務スタッフによる無料の学習相談も承っています。学習状況を伺った上で、残りの期間でどうやって受かるかをご提案いたしますので、ぜひお気軽にお問い合わせいただければと思います。

◀ 関西学院大学国際学部の他の教科も確認する

全国どこからでも オンラインプロ家庭教師​

メガスタディのプロ家庭教師
首都圏以外にお住まいの方は
「メガスタディオンライン」でプロ家庭教師の授業が受けられます。 インターネットとパソコンがあれば、どなたでも簡単に、生身の家庭教師が隣で教えるのと、遜色ない指導を受けられます。
部活から帰宅後の遅い時間でも指導が受けられたり、共働きで留守がちのご家庭からも大変好評をいただいております。



関西学院大学・国際学部 科目別対策

メガスタディオンライン
メガスタディ公式LINE 大学受験マル秘情報プレゼント
ページトップへ