.

関西学院大学
社会学部
英語 入試傾向と対策ポイント

偏差値40から関西学院大学に合格させます!
私大受験専門・家庭教師メガスタディが入試傾向を徹底解説!

英語対策

このページでは、関西学院大学 社会学部の英語入試問題の「傾向と対策ポイント」を解説しています。
関西学院大学の社会学部を目指す方には英語入試の合格のヒントがきっとありますので、ぜひ参考にしていただければと思います。

関西学院大学 社会学部 英語の入試傾向

基本情報 [文系型・理系型]

試験時間 90分
大問数 6題
解答形式 マークシート・記述併用型
その他 設問はすべて日本語

大問の内訳・内容 [文系型]

問題番号 項目 解答形式
1 読解 記述:英文和訳
選択:空所補充、内容真偽、同意表現
2 読解 記述:英文和訳
選択:空所補充、内容真偽、同意表現
3 読解 選択:空所補充、同意表現
4 文法・語彙 記述:空所補充
5 文法・語彙・英作文 記述:和文英訳
選択:語句整序
6 会話文 選択:空所補充

関西学院大学 社会学部 英語の対策

過去問から見る出題傾向の特徴と対策

関西学院大学の英語は、例年、出題傾向に大きな変化がありません。90分間の試験時間で、6題の大問構成となっています。一見すると、時間に余裕があるように思えるかもしれません。しかし、どの「長文読解問題」も文の量が多く、1つ1つの文章にかけることができる時間はさほど多くないのです。無駄な時間を省くためにも、スムーズな読解が大切です。

語彙は標準レベルをしっかりと固める

語彙は基本的に標準的なレベルのものが多いです。難しいものはほとんど見られません。そのため、単語帳や参考書に載っている語彙をしっかりと覚えれば、確実に得点することができます。取りこぼしは避けたいものです。

また、関西学院大学の入試特有の出題形式に慣れておくと良いでしょう。関西学院大学では、素直に対象の単語やイディオムの意味を問う問題の出題が非常に少ないのです。代わりに、対象となる単語やイディオムから派生して、同意語、反意語などを問う問題が目立ちます。多義語が頻繁にピックアップされるので、たくさんの意味を持つ単語には要注意です。普段からこまめに辞書を引いたり、似た意味・反対の意味・関連した表現などをまとめて頻繁に復習するようにしましょう。

語彙に加えて、長文読解問題の解き方も、必ず重点的に鍛えるようにしましょう。特に、”in other words”のような話題の転換を示唆する接続詞や、代名詞が指しているものを見失わないようにします。

関西学院大学・社会学部の傾向と対策を知りたい方、
まずは無料の資料請求、学習相談を

家庭教師のメガスタディには、関西学院大学・社会学部に高い合格実績を出しているトッププロ家庭教師が多数在籍しています。

少しでもご興味をお持ちいただいた方は、まずは合格に役立つノウハウや情報を、詰め込んだ無料の資料をご請求ください。お急ぎの方はお電話ください。

また、関西学院大学・社会学部に詳しい教務スタッフによる無料の学習相談も承っています。学習状況を伺った上で、残りの期間でどうやって受かるかをご提案いたしますので、ぜひお気軽にお問い合わせいただければと思います。

◀ 関西学院大学社会学部の他の教科も確認する

全国どこからでも オンラインプロ家庭教師​

メガスタディのプロ家庭教師
首都圏以外にお住まいの方は
「オンライン家庭教師メガスタ」でプロ家庭教師の授業が受けられます。 インターネットとパソコンがあれば、どなたでも簡単に、生身の家庭教師が隣で教えるのと、遜色ない指導を受けられます。
部活から帰宅後の遅い時間でも指導が受けられたり、共働きで留守がちのご家庭からも大変好評をいただいております。



関西学院大学・社会学部 科目別対策

メガスタディオンライン
メガスタディ公式LINE 大学受験マル秘情報プレゼント
            
ページトップへ