.

関西学院大学を目指す
受験生に多い「落とし穴」

ここでは、関西学院大学を目指す受験生に多い落とし穴、よくある勉強法の間違いを挙げています。
頑張っているのに成果が出ていない受験生の場合、勉強の方向性や内容そのものを間違えていることが多いので、当てはまることがないかチェックしてみてください。

受験勉強全体

「関関同立のうちの1校」と一括りにしてしまっている

関西学院大学は入試の英語の難易度が高い大学です。オーソドックスな出題形式ですが、長文読解の比率が多く、速読の対策をきちんとしていないと、時間内に解き切れません。
関関同立の中でも、大学によって出題傾向は大きく異なりますので、志望大学にあわせて、それぞれ志望校対策を行なうこと必要があります。

「計画を立てたつもり」になっている

予備校から計画表をもらっただけで「計画を立てたつもり」になっている受験生も多くいます。
例えば、「ある問題集を、いつまでに何回繰り返すのか決まっていない」という受験生はかなり多いです。これは、結局は、いつまでに何をどれ位やるのか全然決まっていないということです。無計画に勉強しても偏差値の差は逆転できません。
関西学院大学の場合、英語や数学、国語など主要科目では記述式の問題も出題されるので、学校や予備校の指示通りに学習しているだけでは不十分なケースが多々あります。
成績の届いていない状況から合格を目指す場合には、関西学院大学の入試傾向と自分の苦手分野から逆算して、自分に合った学習計画をきちんと立てることが求められます。

合否に影響する各科目の対策ポイントを知らない

過去問で点数が取れない生徒さんの場合、合否を分けるような対策ポイントを知らずに勉強しているケースもよく見受けられます。
例えば、関西学院大学の英語では、素直に単語やイディオムの意味を問う問題はあまり出題されない代わりに、同意語や対義語を問う問題が頻出です。
この傾向を知っているかどうかで、語彙の暗記の際に派生知識も一緒に覚えられるかどうか、目の付け所も変わっていきます。

英語編

過去問を甘く見ている

関西学院大学の英語では、学部による傾向変動が少なく、また例年出題傾向に大きな変化がないため、過去問での演習の重要度は高いです。過去問で安定して高得点が取れるような実力を身につけられれば、合格がグンと近づきます。
もちろん、受験勉強を始めた当初から過去問を解き始める必要はありませんが、時間に余裕のある頃からまずは過去問の入試問題を分析し、どんな問題が出題されているのか、問題を知っておくことが重要です。
ある程度実力がついた後は、過去問での演習を繰り返し、問題になれていきましょう。学部による傾向変動が少なくないので、志望学部だけではなく、他学部の過去問も演習に使うことができます。

記述の復習ができていない

関西学院大学の入試では、記述式の問題も出題されます。記述こそ入試で差がつきやすい分野ですが、多くの受験生は満足な記述対策ができていません。
記述の場合、解答が複数パターン考えられることが多く、自己採点が非常に難しい分野です。
そのため、記述問題を解いた後、自己採点をしても合っているのかどうか分からず、解いただけになってしまう受験生は多いです。
しかし、それでは記述の対策にはつながりませんので、自己採点が難しい場合には、先生や先輩に採点を頼むなど、必ず採点・復習まで行なうよう意識しましょう。

関西学院大学の入試傾向と受験生の状況に合わせた指導で合格させます!

いかがでしたでしょうか?
ここに挙げただけでなく他にもありますが、多くの受験生が正しい関西学院大学対策、自分の学習状況に合わせた最適な受験勉強ができていません。少しでも当てはまることがあれば、できるだけ早く、なんらかの対策を講じることが必要です。

このサイトには合格圏外からでも関西学院大学に合格するための受験勉強のノウハウや過去問対策のポイントを多数掲載していますので、ぜひ参考にして頂ければと思います。

また、予備校・塾では不安がある、なんとしても関西学院大学に入りたいという方は、メガスタディ の「関西学院大学に強いプロ家庭教師」に頼る、という選択肢もご検討ください。

メガスタディオンライン
メガスタディ公式LINE 大学受験マル秘情報プレゼント
ページトップへ