.

全国対応の家庭教師

甲南大学  経済学部
英語 入試傾向と対策ポイント

英語対策

このページでは、甲南大学 経済学部の英語入試問題の「傾向と対策ポイント」を解説しています。
甲南大学の経済学部を目指す方には合格のヒントがきっとありますので、ぜひ参考にしていただければと思います。

甲南大学経済学部 英語の入試傾向

基本情報

試験時間 60分
大問数 4題(文系は5題)
解答形式 全てマークシート式
点数 100点満点

大問の内訳・内容

大問 項目 解答形式
1 長文読解 マーク
2 長文読解 マーク
3 長文読解 マーク
4 長文読解 マーク
5 英作文(文系のみ) マーク

甲南大学経済学部 英語の対策

長文読解問題について

まず語彙力をつけることが最初の課題となるでしょう。市販の単語集などを用いて早い段階で語彙力を身につけておきたいです。熟語が問われる場合もあるので、基本的かつ頻出の熟語も一通り覚えておきましょう。また長文読解問題のなかでも文法・語法の知識が問われる場合もあります。英文を読むにも文法の力は不可欠なので、一通りの文法知識も身につけておきましょう。最初のうちは一文一文の構文をしっかりととって精読する練習を積んでおきましょう。そして語彙力と文法の力がある程度身についてきた後は、文と文の論理関係に注意し、ある程度の速さで英文を読み進める力を身にましょう。設問では、特に内容把握問題の比重が高いです。内容把握問題では、対応する箇所を明確にする習慣をつけておきたいです。選択肢に紛らわしいものは少ないですが、配点比重が高い設問だけに十分な練習を積んでおきたいです。同意語句選択問題は難しい単語の意味を文脈で考えさせるタイプよりも、単語の知識そのものを問うものが多いです。

会話問題について

口語表現、文脈把握はもちろん、文法・語法の知識も問われるので注意してください。会話問題のなかで文法・語法の知識が問われる大学は少ないので、一通りの口語表現を覚えた後は、甲南大学の過去問に多くあたって練習しておくのがよいでしょう。

文法問題について

基本かつ頻出の文法問題が出題されています。理系学部受験者だけでなく、文系学部受験者も必ず文法の知識をつけておきたいです。出題範囲に特に偏りは見られませんが、やや語法系の出題が多いです。文法・語法問題は、日頃の努力が反映されやすい問題で、十分な対策をして確実に点を取っておきたいです。

自由英作文問題について

文系学部受験者は、自由英作文が出題されています。「自由」といっても好き勝手に書いてよいわけではなく、論理的な構成になるように心がけたいです。特に絵やマンガが表している内容を書かせるタイプがよく出題されています。自由英作文の対策が不十分な受験生が多く見られますが、対策をした人とそうでない人との答案の差は歴然としたものがあります。講習会や参考書・問題集で十分な対策をしましょう。

その他の問題について

内容不一致文選択問題や資料を使った問題など様々なタイプの問題が出題されています。また過去の日程では、長文問題も英問英答式内容一致問題などといったものもよく出題されています。最新の問題はもちろん、数年前の問題はすべて解いておきましょう。

さらに詳しく甲南大学・経済学部の傾向と対策を知りたい方、甲南大学・経済学部に合格したい方、まずは無料の資料請求、お電話でのお問い合わせ・無料の学習相談をお待ちしております。

家庭教師のメガスタディには、甲南大学・経済学部に高い合格実績を出しているトッププロ家庭教師が多数在籍しています。

少しでもご興味をお持ちいただいた方は、まずは合格に役立つノウハウや情報を、詰め込んだ無料の資料をご請求ください。お急ぎの方はお電話ください。

また、甲南大学・経済学部に詳しい教務スタッフによる無料の学習相談も承っています。学習状況を伺った上で、残りの期間でどうやって受かるかをご提案いたしますので、ぜひお気軽にお問い合わせいただければと思います。

◀ 甲南大学経済学部の他の教科も確認する

甲南大学・経済学部 科目別対策

メガスタディオンライン
ページトップへ