.

立命館大学を目指す
受験生に多い「落とし穴」

ここでは、立命館大学を目指す受験生に多い落とし穴、よくある勉強法の間違いを挙げています。
頑張っているのに成果が出ていない受験生の場合、勉強の方向性や内容そのものを間違えていることが多いので、当てはまることがないかチェックしてみてください。

受験勉強全体

「関関同立」とひとまとめに対策している

立命館大学に限ったことではありませんが、大学にはそれぞれ出題傾向があり、たとえ偏差値帯が同じでも、入試問題はまったく異なります。
例えば、同志社大学や関西学院大学では、記述式の問題が出題されますが、立命館大学や関西大学では出題されません。
このように、一般的に「関関同立」とひとまとめにされることが多くても、立命館大学に合格するため対策を「関関同立対策」と一括りにすることはできないのです。
ですので、立命館大学へ合格するための学力を効率的に身につけていくには、立命館大学の出題傾向に沿った対策を行なうことが重要です。

入試計画を上手に立てられていない

立命館大学は、全学部入試、学部個別入試、センター併用入試、外部試験利用方式など、様々な入試方式が用意されているのが特徴です。
ですので、上手に入試計画を立て、入試に挑戦することで、複数回立命館大学の入試に挑戦することができます。
さらに、学部や日程によって、入試問題の傾向が大きく変動することはないので、前期・後期・全学部・センター併用など上手に入試計画を立てて、立命館合格のチャンスを広げていきましょう。

英語編

復習・解き直しを怠っている

立命館大学の英語は、傾向の変動が少ないので、過去問での演習が効果的です。
しかし、多くの受験生は解いてマル付けをしたら終わりにしてしまい、復習や解き直しを軽視してしまいがちになっています。
解きっ放しでは、力試しにはなりますが、弱点を把握して強化していくことができないので、点数アップには結びついていきません。
過去問はもちろん、問題集や模試でも、間違っていた問題は、必ずなぜ間違えてしまったのかを分析し、解き直しを繰り返して確実に解ける力を身につけましょう。

基礎に抜けがある

立命館大学の英語では、多くの受験生が苦手とする長文読解や語句整序が出題されます。
これらの問題は、語彙・文法などの知識をベースとして、英文解釈力や読解力が求められる設問ですので、文法・語彙に知識の抜けがないことが重要です。
反対に、文法・語彙などの知識が身についていないのに演習を繰り返しても、知識に抜けがある部分から崩れていってしまいます。
どんどん難しい問題に挑戦したい気持ちを少し抑えて、まずは基礎に抜けがある部分に立ち返って穴埋めをすることを意識しておきましょう。

傾向に沿った対策ができていない

立命館大学の英語は、標準的な出題が多く、広い範囲から出題されますが、同意表現や指示語の説明など特徴的な出題もあります。
傾向を知っていれば、出やすい問題を意識しながら対策を行なうことで、得点率を上げていけますが、出題傾向を意識せずに問題集をひたすら解いている受験生は多いです。
出題されやすい問題から重点的に対策していくことで、効率的に受験勉強をすすめることができます。

立命館大学の入試傾向と受験生の状況に合わせた指導で合格させます!

いかがでしたでしょうか?
ここに挙げただけでなく他にもありますが、多くの受験生が正しい立命館大学対策、自分の学習状況に合わせた最適な受験勉強ができていません。少しでも当てはまることがあれば、できるだけ早く、なんらかの対策を講じることが必要です。

このサイトには合格圏外からでも立命館大学に合格するための受験勉強のノウハウや過去問対策のポイントを多数掲載していますので、ぜひ参考にして頂ければと思います。

また、予備校・塾では不安がある、なんとしても立命館大学に入りたいという方は、メガスタディ の「立命館大学に強いプロ家庭教師」に頼る、という選択肢もご検討ください。

メガスタディオンライン
メガスタディ公式LINE 大学受験マル秘情報プレゼント
ページトップへ