.

全国対応の家庭教師

龍谷大学  経済学部
英語 入試傾向と対策ポイント

英語対策

このページでは、龍谷大学 経済学部の英語入試問題の「傾向と対策ポイント」を解説しています。
龍谷大学の経済学部を目指す方には合格のヒントがきっとありますので、ぜひ参考にしていただければと思います。

易しめの出題だが、油断は禁物

試験時間は90分、大問は5つで5題目が部分英作文というのがここ2年間の様式です。経済学部の英語は、難度はやや易しめです。受験生の英語レベルを考えると、落とすことはできない試験です。
また、他の私大(GMARCH、日東駒専等)に比べるとレベルは高いので、そこは誤解のないようしてください。

長文読解はスピードが必要、1題10分が目安

長文読解(2題)は、文章自体の難易度は高くありませんが、量が多めです。試験時間と大問数を考慮すると、長文読解を1題10分で解かなくてはいけません。速読即解が必要になります。

長文読解以外の設問はレベルが高い

長文読解以外の問題、かなり対策が必要です。
特に「会話文」と、熟語を完成させる選択式の「空所補充問題」は対策が必要です。比喩表現や英語特有の言い回しを見分ける力が試される厄介な問題となっています。

英作文(和文英訳)も一見簡単そうに見えるが・・・

他の私大と比べると記述が多いのが特徴です。経済学部でも英作文(和文英訳)が出題されます。この英作文(和文英訳)は、英訳する日本語文を読むと、一見簡単そうに思えます。ですが、いざ与えられた日本語を英語にしようと考えると、適切な表現が思いつかないような難易度の高い問題となっています。2016年度はこのような出題でした。

「食後きちんと歯を磨けば口の中を衛生的に保つのに効果があります。」
_________________is an effective way to maintain good oral health.

年度により傾向にバラつきがある

経済学部の英語は、年度により傾向にバラつきがあります。
具体的には、「標準的な問題が多い年(=合格点が高くなるので落とせない)」、「紛らわしい選択肢が多い年」、「問題自体の難易度が高い年」などです。過去問対策を通じて、どのパターンにも対応できるよう準備するこが必要です。

さらに詳しく龍谷大学・経済学部の傾向と対策を知りたい方、龍谷大学・経済学部に合格したい方、まずは無料の資料請求、お電話でのお問い合わせ・無料の学習相談をお待ちしております。

家庭教師のメガスタディには、龍谷大学・経済学部に高い合格実績を出しているトッププロ家庭教師が多数在籍しています。

少しでもご興味をお持ちいただいた方は、まずは合格に役立つノウハウや情報を、詰め込んだ無料の資料をご請求ください。お急ぎの方はお電話ください。

また、龍谷大学・経済学部に詳しい教務スタッフによる無料の学習相談も承っています。学習状況を伺った上で、残りの期間でどうやって受かるかをご提案いたしますので、ぜひお気軽にお問い合わせいただければと思います。

◀ 龍谷大学経済学部の他の教科も確認する

全国どこからでも オンラインプロ家庭教師​

メガスタディのプロ家庭教師
首都圏以外にお住まいの方は
「メガスタディオンライン」でプロ家庭教師の授業が受けられます。 インターネットとパソコンがあれば、どなたでも簡単に、生身の家庭教師が隣で教えるのと、遜色ない指導を受けられます。
部活から帰宅後の遅い時間でも指導が受けられたり、共働きで留守がちのご家庭からも大変好評をいただいております。



龍谷大学・経済学部 科目別対策

メガスタディオンライン
ページトップへ