.

青山学院大学  日本史
入試傾向と対策ポイント

このページでは、青山学院大学の日本史の特徴や攻略ポイントを解説しています。青山学院大学を目指す受験生にとっては役立つ情報が数多くありますので、ぜひご覧ください。

青山学院大学の日本史入試問題の特徴

近現代史が頻出

青山学院大学の日本史は、時代別にみると、特に近現代に関する問題が頻出する傾向が見られます。近現代史は、高校では(一部の私立学校を除いて)受験直前に学習を終える範囲であり、学習が疎かになりやすい分野です。近現代史は出題頻度が高いため、学習を早めに始めて、青山学院大学の日本史の入試に対応した学力を養う必要があります。近現代史を学習する際には、内閣ごとに起こった事件・出来事を正確にまとめることがポイントです。

テーマ史

青山学院大学の日本史には、例年、政治史・経済史・外交史・社会史・文化史など様々なテーマ史の出題があります。テーマ史の対策には、通史のみをノートにまとめるのではなく、いろいろな切り口で歴史をまとめ直すことが重要です。テーマ史別の問題集や用語集を活用するのもいいでしょう。
また、青山学院大学の日本史では、頻出傾向のあるテーマ史が存在する学部もあります。自分の受験する学部の傾向は必ず過去問で確認してください。

過去問を積極的に活用しよう

青山学院大学の日本史は、各学部で、例年、同じ傾向で出題されているため、過去問で対策を取るのが特に有効です。自分の受験する学部の過去問をしっかり解いて、問題傾向をつかみ、時間配分を考えるようにしてください。
また、青山学院大学の日本史場合は、他学部の問題でも、傾向が似ている問題や反復して出題されている問題があります。自分の受験する学部の過去問だけにこだわらず、他学部の過去問にも取り組んでみるとよいでしょう。

メガスタディオンライン
ページトップへ