.

法政大学  国際文化学部
地理 入試傾向と対策ポイント

地理対策

このページでは、法政大学 国際文化学部の地理入試問題の「傾向と対策ポイント」を解説しています。
法政大学の国際文化学部を目指す方には合格のヒントがきっとありますので、ぜひ参考にしていただければと思います。

概要(出題範囲、出題量、出題・回答形式)

法政大学 国際文化学部の地理は、大きく3つの特徴があります。

 ・教科書レベルの標準的な問題がメイン
 ・統計表・グラフから地理的事象を読み取る問題が出る
 ・論述問題が出題される

こうした傾向に合わせ、法政大学 国際文化学部の地理で合格点を取るための対策を、これからお伝えしていきます。

高校地理の学習内容に準拠しており、どの地域もまんべんなく出題されます。系統地理的な出題がメインです。自然環境、環境問題が重視されています。その他、農業生産、食料問題、民族問題、人口も頻出です。地誌の出題もあります。

大問3題の出題です。

選択式と、記述式が中心で、論述もあります。.

出題内容

地誌は特定の国や地域に焦点を当てた形で出題されています。
統計表やグラフから地理的事象を読み取らせる問題が、例年出題されています。

対策

基本の理解を徹底する

法政 国際文化学部の地理は、高校の教科書に準拠した標準レベルの問題がメインです。一部にやや詳細な知識や統計の読み取りを問う出題も含まれていますが、まずは標準的な問題を確実に得点することが大切です。
そのためには、高校の学習内容を完全にマスターする必要があります。まずは、教科書を使って対策するのが最優先になります。
ただし、教科書だけの学習では不十分です。教科書では、記述の少ない地域が出題されることもあるので、『地理用語集』(山川出版社)などの用語集や資料集・地図帳などを併用して知識を拡充していきましょう
とくに、地名を問う問題が頻出しています。地名に関しては、学習の途中で出てきたものも、必ず地図で位置を確認する習慣をつけることが地理学習のポイントです。世界の主な山脈・河川・湖沼の分布、島の形状など、自然地理的な事項は、重点的に確認しておきましょう。世界各国、主要都市の経緯線上の位置も調べておくと、さらに理解が深まります。

統計表・グラフを使った問題の対策

統計資料を用いた問題が頻出なので、特別な対策をすることが必須です。
こうした問題は、ただ統計資料を覚えたり、数値を追ったりすれば良いのではありません。ポイントは、統計の背景にある地理的事象を理解することです。「なぜその地域の特産物それなのか」「なぜその地域の人口が多いのか」など、理由を理解することが重要です。
世界各国の面積、人口などの国勢、農産物・鉱産物などの主要生産国、各国の主要貿易品目などは、出題頻度が高いので、統計資料にしっかり目を通しておきましょう
教科書だけでは補えない分野なので、各種統計資料がコンパクトにまとめられている『データブック オブ・ザ・ワールド』(二宮書店)のような参考書を活用することも重要です。

ただ、受験生が一人で、その数値の表わす意味に気付いたり、理解したりするのは大変です。法政 国際文化学部の傾向に詳しい人なら、統計資料の読み方を始め、攻略法・勉強法を教えてくれます。
法政 国際文化学部の傾向に合わせ、狙われやすいポイントに絞って対策できるので、合格を確実にするための実戦力を効率良よく身に付けられます。

時事問題

法政 国際文化学部では、時事問題の出題も考えられます。
最低限の知識として、環境問題、食料・人工問題、地域紛争、世界経済などに関する最新の知識は、身につけておいた方が良いでしょう。
日頃から、テレビや新聞、ネットなどで、最新情報を取り入れる習慣をつけることが大切です。
とくに重要なテーマについては、参考書や新書類などを活用し、理解を深めていきましょう。時事用語の意味や、問題点を重点的に確認することが地理学習のポイントです。

ただ、時事問題は、受験生が一人で対策しづらい分野でもあります。法政 国際文化学部の地理に詳しい人なら、注目すべきニュース、狙われやすいニュースなど教えてくれるので、1人では難しい時事対策も効率よく行えます。

論述対策

法政 国際文化学部の論述問題の分量は、年度によって変動します。
傾向に合わせ、30~80字程度の短文で、論旨が明快に論述できるよう、練習することが必要です。
使用語句の指定がある場合も多いので、そうした形式の出題にも対応できるようにしましょう。ポイントは、書き出す前に「解答に含めなければいけないワード」「押さえておくべきポイント」などを、予め洗い出すことです
書くべきことや述べる順番をしっかり決めてから取り組めば、要点を踏まえた明快な論述を作成できます。

論述力は一朝一夕には養えないので、論述問題演習には、早くから取り組んでおきましょう。
最初のうちは、重要用語や重要事項などを簡潔に短文でまとめる練習から始めると良いでしょう。このとき、用語集を活用し、重要用語がどのように説明されているか参考にすると、コツがつかめてきます

ただ、論述問題は、答えが一つに決まらないため、独自に対策をしただけでは不十分です。問題集の解答に書いてある「模範解答」以外にも、点がもらえる解答はいくらでもあります。
しかし、正誤の判断は自分ではつけにくいので、設問に対応する解答になっているかどうか、添削を受けることをお勧めします。法政 国際文化学部の地理に詳しい人であれば、傾向に合わせて、「点が稼げる論述作成のコツ」「論述に盛り込むべきポイントの見つけ方」など、的確な指摘や指導ができるので、1人の対策では伸ばしにくい論述力アップにオススメです。

さらに詳しく法政大学・国際文化学部の傾向と対策を知りたい方、法政大学・国際文化学部に合格したい方、まずは無料の資料請求、お電話でのお問い合わせ・無料の学習相談をお待ちしております。

家庭教師のメガスタディには、法政大学・国際文化学部に高い合格実績を出しているトッププロ家庭教師が多数在籍しています。

少しでもご興味をお持ちいただいた方は、まずは合格に役立つノウハウや情報を、詰め込んだ無料の資料をご請求ください。お急ぎの方はお電話ください。

また、法政大学・国際文化学部に詳しい教務スタッフによる無料の学習相談も承っています。学習状況を伺った上で、残りの期間でどうやって受かるかをご提案いたしますので、ぜひお気軽にお問い合わせいただければと思います。

◀ 法政大学国際文化学部の他の教科も確認する
メガスタディオンライン
ページトップへ