.

法政大学  現代福祉学部
数学 入試傾向と対策ポイント

数学対策

このページでは、法政大学 現代福祉学部の数学入試問題の「傾向と対策ポイント」を解説しています。
法政大学の現代福祉学部を目指す方には合格のヒントがきっとありますので、ぜひ参考にしていただければと思います。

概要(出題範囲、出題量、出題・回答形式)

法政大学 現代福祉学部の数学は、大きく3つの特徴があります。

 ・「数列」「確率」「微分・積分」が必出
 ・途中式の記入が求められる
 ・基本、標準問題が中心

こうした傾向に合わせ、法政大学 現代福祉学部の数学で合格点を取るための対策を、これからお伝えしていきます。

数学Ⅰ・Ⅱ、数学A・B(「数列」「ベクトル」)から出題されます。

例年、大問3題の出題で、それぞれの大問では2、3題が出題されます。
試験時間は60分で、十分解き終えることができます。

すべて記述式で、途中式の記入が求められます。

出題内容

「数列」と「確率」と「微分・積分」は毎年出題されています。
証明問題がまれに出題されますが、基本的な計算問題が中心です。

対策

確率で確実に得点する方法

「確率」は毎年出題されている重要単元なので、対策しておきましょう。
「確率」のポイントは、原理原則の理解です。
まずは「教科書・参考書の活用」から始めましょう。
どの教科書も、原理原則には十分な説明があるので、丁寧に読み込むことが大切です。
次に、原理原則を「人に説明する」ことがお勧めです。
もし、説明できなければ、理解ができていないということなので、教科書・参考書に戻って学習し直しましょう。繰り返せば、確実に理解できるようになります。
法政 現代福祉学部の数学に詳しい人の手を借りるのも良いでしょう。分かるまで教えてくれるので、原理原則を確実に理解できます。さらに、法政 現代福祉学部の入試傾向をふまえて最適の対策を講じてくれるので、「確率」の得点力が身につきます

途中式の書き方

法政 現代福祉学部では途中式の記入が求められます。「採点対象になる」との明記はありませんが、念のため対策しておくと良いでしょう
途中式を書く上で大切なのは「要点をふまえ、過不足なく書く」ことです。
過不足ない途中式を書けるようにするためには、「模範解答」を活用すると良いでしょう。模範解答には適切な途中式が書かれているので、読み込んだり、書き写したりすれば、必要な式だけを書けるようになります。
また、法政 現代福祉学部の数学に詳しい人の手を借りるのも良いでしょう。自分が書いた途中式に過不足がないか添削してもらうこともでき、途中式の書き方をしっかり身につけられます。

基礎固めが重要

法政 現代福祉学部の数学は、基本問題が中心なので、得意単元を伸ばして応用力をつけるよりも、基本を固めることが大切です。
そのためには、公式暗記が効果的です。公式が暗記できれば、基本問題は大半が解けるようになります。
また、公式を暗記するためには、「定義を徹底的に暗記」したうえで「公式を導く(導出)過程を確認」すると良いでしょう。
公式が暗記できれば、基本問題は十分に解けるようになります。
ただ、受験生1人ですべての「定義」を確認し、公式の導出を行うのは大変なので、法政 現代福祉学部の数学に詳しい人に教えてもらうのも良いでしょう。分かるまで徹底的に教えてくれるので、より確実に基本を固められます。

「微分・積分」のポイント

「微分・積分」も必出単元ですので、しっかりと学習しておきましょう。
そのためには、教科書を最初からやり直すことが効果的です。
この際、「解法パターンの把握」と「計算」に重点を置くと良いでしょう。
なぜなら、微分・積分は「増減表の扱い」や「最大値・最小値の特定の仕方」など、解法パターンが限られており、他の単元よりも計算量が多いからです。
ただ、教科書を最初からやり直すというやり方は時間がかかってしまうので、入試本番まで期間が限られている場合は法政 現代福祉学部に詳しい人の手を借りるのも良いでしょう。入試で出題されやすい問題や理解できていないところを中心的に教えてもらうことができるので、効率的に合格する力をつけられます

さらに詳しく法政大学・現代福祉学部の傾向と対策を知りたい方、法政大学・現代福祉学部に合格したい方、まずは無料の資料請求、お電話でのお問い合わせ・無料の学習相談をお待ちしております。

家庭教師のメガスタディには、法政大学・現代福祉学部に高い合格実績を出しているトッププロ家庭教師が多数在籍しています。

少しでもご興味をお持ちいただいた方は、まずは合格に役立つノウハウや情報を、詰め込んだ無料の資料をご請求ください。お急ぎの方はお電話ください。

また、法政大学・現代福祉学部に詳しい教務スタッフによる無料の学習相談も承っています。学習状況を伺った上で、残りの期間でどうやって受かるかをご提案いたしますので、ぜひお気軽にお問い合わせいただければと思います。

◀ 法政大学現代福祉学部の他の教科も確認する
メガスタディオンライン
ページトップへ