.

津田塾大学の対策

津田塾大学

国際関係学科一般入試・世界史

入試傾向と対策ポイント

こんにちは、家庭教師メガスタディ・教務の三浦です。

家庭教師メガスタディの「津田塾大学・国際関係学科一般入試・世界史」専門ページにお越し頂きありがとうございます。

メガスタディは、首都圏唯一の「私立大学受験専門・プロ家庭教師」です。
このページには、津田塾大学・国際関係学科一般入試・世界史の傾向と対策ポイントを掲載しています。合格への最短ルートは、この出題傾向に即した受験勉強をすることです。現時点で合格圏に届いていない方は、大学受験成功のヒントがきっとあるはずです。ぜひ参考にしてください。

傾向

津田塾大学 国際関係学科(一般入試[A方式])の世界史は、大きく3つの特徴があります。

  •  ・近現代史が中心
  •  ・テーマ史の出題が多い
  •  ・300字前後の長文論述問題が出される

こうした傾向に合わせ、津田塾大学 国際関係学科(一般入試[A方式])の世界史で合格点を取るための対策を、これからお伝えしていきます。

出題範囲

古代~現代の範囲を中心に出題されます。西洋史・東洋史共に出題があります。

難易度

難

出題量

大問4題の出題です。小問は80問前後あります。時間内に解き終えるには、スピーディーに解かなくてはいけません。

出題・解答形式

全て記述式問題です。マークシートを使う選択式問題はありません。論述問題の出題もあります。

出題内容

古代~現代の幅広い範囲で出題されます。近現代史を中心に、中世・近世からの出題も目立ちます。
西洋史・東洋史共に出題されますが、特定の国や地域についての問題ではなく、複数の地域を組み合わせた問題が出されます。東洋史では、東南アジアや西アジアの政治・紛争について問う問題も出題される可能性があります。
分野別にみると、政治史・経済史が中心です。世界全体を視野に入れた、国際関係を問う問題が多く出題される傾向があります。

対策

現代史対策

問題は近現代史が中心ですが、近代史よりも現代史は難易度が高く、出題の比重も大きくなっています。
現代史対策のポイントは、重要事項以外にも幅広く詳細な知識をつけることです。
現代史は、範囲としてはあまり広くありませんが、その分、細かな知識や、正確な年代を使って解く問題が出されます。入試の中でも、難問が多い範囲です。特に、第二次世界大戦後の国際政治や経済については、知識量の差で合否が左右されると言っても過言ではありません。教科書だけでなく、用語集や政治・経済の資料集などを活用し、知識を広げていきましょう。また、普段から、国際政治・経済のニュースにも注目しておくと良いでしょう。

学校によっては、現代史を授業であまり深く扱わない場合もあります。そのような場合は、独自に対策を進めた方が良いでしょう。ただ、全て自分で対策をしていては、時間がかかりすぎるので、津田塾 国際関係学科の世界史の傾向に詳しい人の手を借りるのも、良い対策です。傾向に合わせてポイントを絞った指導をしてくれるので、効率よく合格へ直結する力を身につけられます。

テーマ史対策のポイント

テーマ史対策のポイントは2つあります。
1つ目は、年表を利用した学習です。教科書や図説に載っている年表で歴史の縦と横の流れをつかみ、歴史上の大きな出来事については知識を深めましょう。
市販の参考書で、さらに詳しい年表を利用するのも良いです。
また、オリジナルの年表を作るのもおすすめです。なぜなら、テーマ史は、複数の国や地域、年代にまたがって出題されるため、教科書だけでは対策が難しい場合が多くあるからです。津田塾 国際関係学科の過去問を参考に、傾向に即したテーマをピックアップしてオリジナルの年表を作ると、合格に必要な知識を身につけられます。

2つ目は、サブノートを使った対策です。資料がまとまっている山川出版社の『詳説 世界史学習ノート』のようなサブノートが、テーマ史の対策には最適です。
津田塾 国際関係学科の世界史では、経済史の分野で、三角貿易や産業革命、世界恐慌についてのテーマが出題されやすい傾向があります。これらのテーマに関係する範囲は、サブノートでしっかり整理しましょう。

ただ、出題範囲が古代~現代と幅広いため、年表やサブノートを使っての独自の対策では時間がかかって大変です。入試の傾向や、ポイントがつかみにくい場合は、津田塾 国際関係学科の入試に詳しい人に対策を講じてもらうと良いでしょう。そうすることで、短期間の学習でも効率よく合格に必要な力を養えます。

長文論述で合格点を取るには

津田塾 国際関係学科の世界史では、指定されたテーマと語句を使って300字程度で論述させる、長文論述も出されます。
長文論述で合格点を取るポイントは、指定されたテーマについて、背景や関連事項など総合的に論述することです。そのためには、主要な重要事項の背景や影響、国・人物の繋がりなどについて、深く理解しなくてはいけません。教科書で歴史の流れや関係性をつかみ、資料集や用語集などの参考書で、幅広い知識を身につけましょう。
また、過去問を解いたり、津田塾 国際関係学科の入試傾向沿った論述問題集に取り組んだりして、長文論述に慣れることも大切です。
ただ、論述力は、どんなに演習を重ねても自己採点だけでは向上しません。合格点を取るためには、津田塾 国際関係学科の入試に詳しい人に添削してもらうことが大切です。傾向に合わせて添削してくれるうえ、論述するうえで必要な世界史の知識を随時補ってくれるので、過不足ない解答が作れるようになります。


津田塾大学
国際関係学科一般入試に強いプロ家庭教師をご紹介します

津田塾大学の国際関係学科一般入試に受かるには、こうした入試傾向に即した対策が必要です。
もちろん、受かるための対策ポイントは他にもいろいろあります。

もし、「受験生一人では対策できるか不安」と言う場合には、「私大受験専門のプロ家庭教師」という選択肢もご検討ください。

メガスタディでは、津田塾大学に合格実績のある「私大受験専門のプロ家庭教師」をご紹介することができます

メガスタディに少しでもご興味を持っていただいた方は、まずは、詳しい資料をご請求ください。お急ぎの方は、下記のフリーダイヤルよりお問い合わせ下さい。

⇒津田塾大学・国際関係学科一般入試に強いプロ家庭教師の資料請求・お問い合わせはこちら

お電話でのお問い合わせはこちら
  • 合格圏外からでも受かる大学入試ノウハウ
  • 家庭教師の正しい利用方法、予備校・塾との違い
  • 特別冊子①「元・予備校トッププロ講師が語る大学受験の落とし穴5つ」
  • 特別冊子②「入試に落ちない英語対策~9大学 62学部別・入試攻略法」
  • 合格者の生の声(体験談)
  • メガスタディの詳しいシステム・料金
必須お問い合わせ内容
(複数選択可)
必須お名前 例:鈴木二郎
必須ふりがな[ひらがな] 例:すずきじろう
必須メールアドレス 例:jirou_suzuki@example.com
必須電話番号
(ご自宅の固定電話)
[半角数字・ハイフンなし]
例:0312345678
必須郵便番号 例:1500002
※先に郵便番号をご入力いただくと、ご住所が自動入力されます(地区名まで)。
必須資料のお届け先
※講師のご紹介地域は、
一都三県と茨城県の一部です

例:東京都渋谷区渋谷1-7-7 住友不動産青山○○マンション122号室
必須お子さんの学年
※3月31日までは現在の学年を、4月1日以降は新学年をお選びください。
必須メガスタディを知ったきっかけ
必須メールによるキャンペーンのご案内
任意志望大学名(学部・学科名)
例:早稲田大学法学部 法律学科
任意お子さんの性別
任意現在通学している学校 学校区分
学校名
任意連絡可能な時間帯 ※お問い合わせ内容で「学習相談を希望」を選択された方は必ずご記入ください。優先的にご連絡を差し上げます。
(日・月・祝日はお休みを頂いています)
時 ~ 時まで
任意ご質問・ご相談など
ご入力いただく個人情報は、SSLにより暗号化されて送信されますので安全です。
無料資料請求・お問い合わせはこちら
メガスタディ オンライン
お電話でのお問い合わせはこちら
家庭教師紹介可能エリア
紹介可能エリア-東京
新宿区/ 中野区/ 千代田区/ <世田谷区/ 港区/ 文京区/ 豊島区/ 練馬区/ 目黒区/ 大田区/ 渋谷区/ 杉並区/ 品川区/ 中央区/ 板橋区/ 台東区/ 墨田区/ 江東区/ 北区/ 足立区/ 葛飾区/ 江戸川区/ 荒川区
23区以外の東京都
国立市/ 三鷹市/ 武蔵野市/ 西東京市/ 小金井市/ 小平市/ 調布市/ 町田市/ 狛江市/ 稲城市/ 多摩市/ 八王子市/ 等
紹介可能エリア-神奈川
横浜市
東部/ 西部/ 南部/ 北部
川崎市
その他の神奈川県
大和市/ 綾瀬市/ 相模原市/ 座間市/ 小田原市/ 厚木市/ 海老名市/ 藤沢市/ 逗子市/ 鎌倉市/ 葉山町/ 平塚市/等
紹介可能エリア-埼玉
所沢市/ さいたま市/ 入間市/ 狭山市/ 川越市/ 富士見市/ ふじみ野市/ 朝霞市/ 志木市/ 和光市/ 新座市/ 川口市/ 蕨市/ 戸田市/ 上尾市/ 草加市/ 等
紹介可能エリア-千葉
千葉市/ 市川市/ 船橋市/ 松戸市/ 野田市/
習志野市/ 柏市/ 我孫子市/ 浦安市/ 等
紹介可能エリア-茨城
取手市/ 守谷市/ つくば市/ つくばみらい市/等

※時期・条件によって紹介できない場合もあります。詳細はお問い合わせください。

 ※指導による成果には個人差があります。 ページトップへ