.

全国対応の家庭教師

青山学院大学  文学部
地理 入試傾向と対策ポイント

地理対策

このページでは、青山学院大学 文学部の地理入試問題の「傾向と対策ポイント」を解説しています。
青山学院大学の文学部を目指す方には合格のヒントがきっとありますので、ぜひ参考にしていただければと思います。

※2/13実施分をⅠ日程、2/14実施分をⅡ日程と表記しています。

概要(出題範囲、出題量、出題・回答形式)

青山学院大学 文学部Ⅰの地理は、大きく3つの特徴があります。

 ・自然環境・自然現象に関する問題が多い
 ・選択肢が多く、混同しやすい問題が出題される
 ・知識問題が中心の出題

こうした傾向に合わせ、学習院大学 文学部の地理で合格点を取るための対策を、これからお伝えしていきます。

自然環境や産業を中心に、地理Bからまんべんなく出題されています。

例年、大問3題です。
試験時間は60分で、時間内に解き終えることは可能です。

記述式で、選択式や論述式の問題も出題されています。
選択式の問題では、選択肢の数が多く、選択肢が90個の問題が出題されたこともあります。

出題内容

自然環境や自然現象のポイント

地形の問題や、自然現象の発生場所などについての問題が出題されるので、自然環境や自然現象はしっかり学習する必要があります。
自然環境や自然現象の学習には、「地図」を用いることが適しています。なぜなら、文字だけで暗記するより暗記しやすいからです。
地図に地形の特徴や、発生する自然現象などを書き入れることで、理解を深めましょう。
また、青学 文学部の地理に詳しい人に教えてもらうのも良いでしょう。入試傾向から、自然環境や自然現象について最適な対策を講じてくれるので、効率的に合格する力を身につけられます。

青山学院大学メガスタディへのお問い合わせ・資料請求はこちら »

ケアレスミスに要注意

青学 文学部の地理は選択肢が多い問題が出題されており、選択肢が90個ある問題が出題された年もあります。
選択肢が多い問題では、混同してしまう可能性があるので、しっかりと整理をして解答するようにしましょう。
選択肢を整理するには、「~島」、「~山脈」、「~川」、「数値」のように分類し、それぞれに印をつけたり、表記を丸でくくったりすると良いでしょう。混同を防げます。
また、同じ選択肢を使えない問題では、すでに選択したものには斜線をいれるなどの工夫をし、ケアレスミスを防ぎましょう。
出題傾向に合わせて対策することで、より得点を伸ばせるようになります。過去問を繰り返し解き、青学 文学部の傾向に慣れるよう対策しましょう。

暗記を強固にするコツ

知識問題が非常に多く、難しい問題も出題されているので、しっかり知識を蓄えることが大切です。
知識を蓄える際には、物事を論理的に関連付けて覚えるようにしましょう。
例えば、ロシアは「緯度が高い」、「アルコール消費量が多い」ことが特徴です。
ここで、「ロシアは緯度が高い」、「ロシアはアルコール消費量が多い」と2つを独立させて覚えるのではなく、
「ロシアは緯度が高い
⇒気温が低い
⇒体温を上げる効果のあるアルコールの消費量が多く、特に地酒であるウォッカの消費が多い」
というように、論理的に関連付けると効率的に知識を蓄えられます
また、青学 文学部の地理に詳しい人の手を借りるのも手です。物事のつながりを適切に教えてくれますし、入試傾向に合わせて教えてくれるので、確実に合格する力を身につけられます

さらに詳しく青山学院大学・文学部の傾向と対策を知りたい方、青山学院大学・文学部に合格したい方、まずは無料の資料請求、お電話でのお問い合わせ・無料の学習相談をお待ちしております。

家庭教師のメガスタディには、青山学院大学・文学部に高い合格実績を出しているトッププロ家庭教師が多数在籍しています。

少しでもご興味をお持ちいただいた方は、まずは合格に役立つノウハウや情報を、詰め込んだ無料の資料をご請求ください。お急ぎの方はお電話ください。

また、青山学院大学・文学部に詳しい教務スタッフによる無料の学習相談も承っています。学習状況を伺った上で、残りの期間でどうやって受かるかをご提案いたしますので、ぜひお気軽にお問い合わせいただければと思います。

◀ 青山学院大学文学部の他の教科も確認する
メガスタディオンライン
ページトップへ