.

青山学院大学
経済学部
地理 入試傾向と対策ポイント

偏差値40から青山学院大学に合格させます!
私大受験専門・家庭教師メガスタディが入試傾向を徹底解説!

地理対策

このページでは、青山学院大学 経済学部の地理入試問題の「傾向と対策ポイント」を解説しています。
青山学院大学の経済学部を目指す方には地理入試の合格のヒントがきっとありますので、ぜひ参考にしていただければと思います。

概要(出題範囲、出題量、出題・回答形式)

青山学院大学 経済学部の地理は、大きく3つの特徴があります。

  • 基本事項に加えて、掘り下げた知識が問われる
  • 統計資料が必出
  • 時事性の強い問題も見られる

こうした傾向に合わせ、青山学院大学 経済学部の地理で合格点を取るための対策を、これからお伝えしていきます。

統計表、地図などを用いて、系統地理や地誌が出題されます。

例年、大問3題が出題されます。

記述が式が中心で、他に、選択式、論述式の問題が出題されます。

出題内容

系統地理は、自然環境、産業、都市などが頻出です。また、交通に関する細かな知識が問われたこともありあります。
地誌は、日本の他に、発展途上国などについて出題される傾向があります。
全体として、地名や地理用語が良く問われます。

対策

地図帳・用語集も用いて学習を深める

問題は、教科書の基本事項が中心ですが、ハイレベルな内容も含まれます。
対策としては、まずは、教科書を何度も繰り返し読んで、内容を確実に定着させましょう。出題分野は幅広いので、まんべんなく勉強することが必要です。
同時に地図帳や用語集などの副教材も用いることが重要です。学習の際に出てきた国名・地名は、逐次、地図帳で位置を確認しましょう
また、教科書だけでは理解しきれないことがらについては、すぐに用語集で知識・理解を深めることが大切です。オススメの用語集には、『地理用語集』(山川出版社)などがあります。

まんべんなく勉強するには時間と根気が要りますが、青学 経済学部の傾向に詳しい人に、出やすい範囲を教えてもらって勉強するのも良い方法です。狙われやすい内容に絞って勉強できるので、効率良く必要な力が身に付きます。

青山学院大学メガスタディへのお問い合わせ・資料請求はこちら »

統計資料に慣れる

統計資料問題が必出であるため、各国・各地域の人口、鉱工業、貿易、投資、農林業などの基本的な統計については、統計集を用いて勉強しておく必要があります。オススメの統計集としては、『データブック・オブ・ザ・ワールド』(二宮書店)などがあります。
また、統計資料は、ただ暗記するだけでなく、その背景にある、国や土地の地理的条件や事象も関連付けて理解するようにしましょう。こうすることで、思考力が高まり、データ分析力が身に付きます。

統計資料問題で高得点をとるには、同系統の資料を読み慣れていることが重要です。青学 経済学部の傾向に詳しい人に指導してもらい、出やすい種類の統計資料を優先的に読み込むと良いでしょう。あらかじめ頻出の資料に慣れておくことで、本番でも慌てずにデータを分析でき、得点につなげることができます。

時事的なテーマに強くなる

年度によっては、自然災害や国際情勢など、時事性の強い問題も出題されるので、普段から新聞やテレビを見て、経済のグローバル化や環境問題、災害、民族問題などのニュースに関心をもっておきましょう。話題のニュースを、地理的事象と絡めて捉えられるようにすることが重要です。

ただ、日々刻々と変化する情報をすべて把握するのはなかなか難しいので、青学 経済学部の傾向に詳しい人に、入試に狙われやすい時事問題を教えてもらうようにしましょう。ニュースの着目ポイントや、押さえておくべきニュースも分かるので、時事性の強い問題でも解けるようになります。

青山学院大学・経済学部の傾向と対策を知りたい方、
まずは無料の資料請求、学習相談を

家庭教師のメガスタディには、青山学院大学・経済学部に高い合格実績を出しているトッププロ家庭教師が多数在籍しています。

少しでもご興味をお持ちいただいた方は、まずは合格に役立つノウハウや情報を、詰め込んだ無料の資料をご請求ください。お急ぎの方はお電話ください。

また、青山学院大学・経済学部に詳しい教務スタッフによる無料の学習相談も承っています。学習状況を伺った上で、残りの期間でどうやって受かるかをご提案いたしますので、ぜひお気軽にお問い合わせいただければと思います。

◀ 青山学院大学経済学部の他の教科も確認する
メガスタディオンライン
メガスタディ公式LINE 大学受験マル秘情報プレゼント
ページトップへ