.

青山学院大学  数学
入試傾向と対策ポイント

このページでは、青山学院大学の数学の特徴や攻略ポイントを解説しています。青山学院大学を目指す受験生にとっては役立つ情報が数多くありますので、ぜひご覧ください。

青山学院大学の数学入試問題の特徴

難易度は入試標準レベル

青山学院大学の数学は、全体的に標準問題が多く出題されています。なので、教科書の章末問題や教科書準拠問題集に何度も繰り返し取り組み、基礎的な学力をしっかり身につけましょう。

苦手分野を残さない

青山学院大学の数学は、小問集合問題もあるため、出題範囲からまんべんなく 様々な分野の問題が出題されています。苦手分野を残したままでいると、その分野の問題が出題された場合、まるまる落としてしまう可能性があります。苦手分野や曖昧な分野は早めに発見し、克服できるまで教科書などで何度も復習しましょう。苦手分野を見つけ出すには、教科書の章末問題や過去問に取り組むことが有効です。

「微分・積分」は必出

青山学院大学の数学において、「微分・積分」は毎年必ず取り上げられています。「微分・積分」は、配点が高い傾向もあり、対策は必須と言えます。
「微分・積分」は他の単元よりも、計算量のある問題が多いことが特徴です。そのため、普段の学習でも途中計算を疎かにしてしまいがちです。途中計算を疎かにした学習をしていると、本番でも途中計算を省略する癖がついてしまします。途中計算の省略は、計算ミスにつながるため、確実に得点することができなくなってしまいます。青山学院大学の数学で合格点を取るためには、日頃の学習から、途中計算や作図を丁寧に書くように意識し、問題演習に取り組みましょう。

メガスタディオンライン
メガスタディ公式LINE 大学受験マル秘情報プレゼント
            
ページトップへ