.

CM放映中!!

中央大学  商学部
英語 入試傾向と対策ポイント

英語対策

このページでは、中央大学 商学部の英語入試問題の「傾向と対策ポイント」を解説しています。
中央大学の商学部を目指す方には合格のヒントがきっとありますので、ぜひ参考にしていただければと思います。

中央大学 商学部 英語の入試傾向

基本情報

試験時間 90分
大問数 6題
解答形式 マークシート式+記述式

大問の内訳・内容

大問 項目 解答形式 備考
1 長文読解 マークシート式
+記述式
内容理解・英文和訳
2 長文読解 マークシート式 内容理解
3 対話文 マークシート式 空所補充
4 文法 マークシート式 空所補充
5 文法 マークシート式 語句整序
6 英作文 記述式 80語以上(金融・経営:
「生まれる前の時代に行くとしたらどの時代に
行き何をしたいのか」
会計・商業・貿易:
「尊敬できる人物を一人挙げ、なぜそう
思うのか」)

ボリュームのある出題

中央大学商学部は、学科により2種類の試験が設けられています。ですが傾向や難度に差異はなく、同一の形式の試験となっています。長文読解2題、対話文1題、文法・語法等知識系問題2題、自由英作文1題という傾向です。長文読解は社会・文化系を中心に様々なテーマが出題されています。600語から700語程度で比較的読みやすいのですが、最後の英作文は80語以上と、ボリュームのあるものになっています。自由英作文に15分ほど確保しようと考えると、この長文2つにはそれぞれ20分程度しかかけられず、思った以上に速読が求められているとわかるでしょう。

長文は、文法より内容把握が中心

社会・文化系を中心に様々なテーマが出題される中央商学部の長文読解ですが、会話文の問題も含め内容把握を問う典型問題が多いです。内容把握のため・自由英作文のため文法の学習はもちろん必須ですが、こういった傾向に過去問で慣れておくとよいでしょう。

対策

速読のトレーニングを

中央商学部の英語は、前述の通り長文読解はそれぞれ20分程度の時間で解くつもりでいるべきです。文章自体は読みづらくないですが、速読能力が必要と言えます。特に夏頃からは、速読のトレーニングを積極的に行ってください。具体的には、必ず時間を計って過去問に取り組んだり、スラッシュリーディングを行ったりするなど、自分に合った方法を模索してみましょう。

自由英作文に向け

自由英作文のための学習は、とにかく実際に手を動かしてみることが大切です。どのようなことを書くのか・どんな構文を用いるのか、なんとなく下書きするだけでは終わらないようにしてください。過去問や問題集に取り組む際に必ず15分ほど時間を計り、語数の指定を守って書き、採点する過程を大事にしてください。他の人に見てもらうのも良いでしょう。
他大学ですと、早稲田大学の政治経済学部でも例年社会系の自由英作文が出題されています「語数指定なし」・「賛成か反対で答える」と、条件はやや異なりますが、練習に利用できるでしょう。

さらに詳しく中央大学・商学部の傾向と対策を知りたい方、中央大学・商学部に合格したい方、まずは無料の資料請求、お電話でのお問い合わせ・無料の学習相談をお待ちしております。

家庭教師のメガスタディには、中央大学・商学部に高い合格実績を出しているトッププロ家庭教師が多数在籍しています。

少しでもご興味をお持ちいただいた方は、まずは合格に役立つノウハウや情報を、詰め込んだ無料の資料をご請求ください。お急ぎの方はお電話ください。

また、中央大学・商学部に詳しい教務スタッフによる無料の学習相談も承っています。学習状況を伺った上で、残りの期間でどうやって受かるかをご提案いたしますので、ぜひお気軽にお問い合わせいただければと思います。

◀ 中央大学商学部の他の教科も確認する
メガスタディオンライン
ページトップへ