.

CM放映中!!

中央大学  法学部
英語 入試傾向と対策ポイント

英語対策

このページでは、中央大学 法学部の英語入試問題の「傾向と対策ポイント」を解説しています。
中央大学の法学部を目指す方には合格のヒントがきっとありますので、ぜひ参考にしていただければと思います。

中央大学法学部 英語の入試傾向

政治学科の基本情報

試験時間 90分
大問数 8題
解答形式 マークシート・記述式
その他

大問の内訳・内容

大問 項目 解答形式 備考
1 英文和訳 記述 銀行員の、サインにおける役割と
重要性
2 英作文 記述 和文英訳
3 文法・語彙 記述 文の言い換え
4 文法・語彙 記述 空所補充
5 文法・語彙 マーク 空所補充(選択)
6 文法・語彙 マーク 誤り指摘
7 長文読解 マーク 男女間のコミュニケーション
戦略の違い
8 長文読解 マーク 記述的社会規範

法律・国際企業関係法学科の基本情報

試験時間 90分
大問数 8題
解答形式 マークシート・記述式
その他

大問の内訳・内容

大問 項目 解答形式 備考
1 英文和訳 記述 自己の身体に関する疑い
2 英作文 記述 和文英訳
3 文法・語彙 記述 文の言い換え
4 文法・語彙 記述 空所補充
5 文法・語彙 マーク 空所補充(選択)
6 文法・語彙 マーク 誤り指摘
7 長文読解 マーク 脳の働き
8 長文読解 マーク 思春期の重要性

難度は高め

中央法の英語は標準的な問題も出題されますが、誤り指摘の問題などは難度が高く、また問題数自体も多くなっているため、全体的に難度が高めの試験といえます。

出題傾向はほぼ固定

中央法の英語の出題傾向はほぼ固定化されています。文法・語彙問題にやや変化がある年があるものの、基本的には例年同じような出題傾向となっています。

中央大学法学部 英語の対策

過去問で慣れる

中央法の英語の出題傾向は毎年ほぼ同じなので、過去問がとても効果的です。まずは、一度過去問を解き、どういった試験問題なのかを実感することも重要です。

英作文と和訳の対策

中央法の英語は英作文と英文和訳が頻出です。英作文は標準的なレベルではありますが構文を実際の文に使えるようにならなければ解くことは出来ません。とにかく、英文を書くことに慣れることが必要です。また、和訳も、一つひとつの単語の意味がわかっていたとしても自然な日本語の文をつくる必要があります。英作文と和訳は実際に手を動かして、多くの問題を解くようにしましょう。

さらに詳しく中央大学・法学部の傾向と対策を知りたい方、中央大学・法学部に合格したい方、まずは無料の資料請求、お電話でのお問い合わせ・無料の学習相談をお待ちしております。

家庭教師のメガスタディには、中央大学・法学部に高い合格実績を出しているトッププロ家庭教師が多数在籍しています。

少しでもご興味をお持ちいただいた方は、まずは合格に役立つノウハウや情報を、詰め込んだ無料の資料をご請求ください。お急ぎの方はお電話ください。

また、中央大学・法学部に詳しい教務スタッフによる無料の学習相談も承っています。学習状況を伺った上で、残りの期間でどうやって受かるかをご提案いたしますので、ぜひお気軽にお問い合わせいただければと思います。

◀ 中央大学法学部の他の教科も確認する
メガスタディオンライン
ページトップへ