.

中央大学  理工学部
化学 入試傾向と対策ポイント

化学対策

このページでは、中央大学 理工学部の化学入試問題の「傾向と対策ポイント」を解説しています。
中央大学の理工学部を目指す方には合格のヒントがきっとありますので、ぜひ参考にしていただければと思います。

化学の入試傾向

基本情報

試験時間 90分
大問数 4題
解答形式 マークシート方式、記述式併用
その他 描図問題が出題されることもあり

大問の内訳・内容

大問 項目 解答形式 備考
1 総合 マーク式 同位体、化学反応、芳香族化合物
2 理論 記述式 水素結合、熱化学
3 理論、無機 記述式 リンの化合物
4 有機 記述式 芳香族アミドの構造決定

理論を中心としたバランスの良い出題

中央大学理工学部の化学は、理論の出題の割合が大きいですが、有機、無機からもバランスよく出題されています。どれもあいまいな知識や、断片的な知識では正当が困難なよく練られた問題です。毎年計算問題も出題されています。

正誤問題に注意

正誤問題が出題されることが特徴です。文章の正誤を判断させる問題はすべて正文、またはすべて誤文の場合もあり注意が必要です。

化学の対策

正誤問題、計算問題の対策

中央大学理工学部の化学は、正誤問題が特徴です。問題がよく練られているので、あいまいな知識や、断片的な知識では正当が困難でしょう。すべての分野において覚えるべき知識は、正しく理解し、正確な知識を身に着けておきましょう。また、理論の出題が中心となっていますので、計算問題が多数出題されます。典型問題は十分に練習を重ねましょう。化学平衡は特に重要といえます。
また、有機は構造決定の問題に難問が多いです。教科書にない複雑な反応や構造が扱われる場合があります。数多くの演習を重ね、知識を深めましょう。特に、構造決定の問題は十分に練習しておきましょう。

過去問を活用

ここ数年、同じ形式で、出題内容も似た問題が多いです。正誤問題など特徴的な内容に慣れることも含めて、過去問をしっかり研究することは重要です。

さらに詳しく中央大学・理工学部の傾向と対策を知りたい方、中央大学・理工学部に合格したい方、まずは無料の資料請求、お電話でのお問い合わせ・無料の学習相談をお待ちしております。

家庭教師のメガスタディには、中央大学・理工学部に高い合格実績を出しているトッププロ家庭教師が多数在籍しています。

少しでもご興味をお持ちいただいた方は、まずは合格に役立つノウハウや情報を、詰め込んだ無料の資料をご請求ください。お急ぎの方はお電話ください。

また、中央大学・理工学部に詳しい教務スタッフによる無料の学習相談も承っています。学習状況を伺った上で、残りの期間でどうやって受かるかをご提案いたしますので、ぜひお気軽にお問い合わせいただければと思います。

◀ 中央大学理工学部の他の教科も確認する

中央大学・理工学部 科目別対策

メガスタディオンライン
ページトップへ