.
オンライン家庭教師のメガスタオンライン家庭教師のメガスタ

学習院大学
文学部
政治経済 入試傾向と対策ポイント

偏差値40から学習院大学に合格させます!
私大受験専門・家庭教師メガスタディが入試傾向を徹底解説!

政治経済対策

このページでは、学習院大学 文学部の政治経済入試問題の「傾向と対策ポイント」を解説しています。
学習院大学の文学部を目指す方には政治経済入試の合格のヒントがきっとありますので、ぜひ参考にしていただければと思います。

概要(出題範囲、出題量、出題・回答形式)

学習院 文学部の政治・経済は、大きく2つの特徴があります。

 ・標準レベルの問題が多い
 ・時事問題は幅広い知識が問われる

こうした傾向に合わせ、学習院大学 文学部の政治・経済で合格点を取るための対策を、これからお伝えしていきます。

政治分野、経済分野からバランス良く出題されています。

大問数4題です。全問マークシート方式です。

出題内容

全体として、高校の学習内容を考慮した標準レベルの問題が多いです。政治分野・経済分野ともに現代の課題に触れていることが多く、時事的な事柄への知識や関心が求められています。基礎知識から時事的な内容まで幅広い内容が出題されていますので、しっかり対策をしましょう。
グラフや統計も問題文と合わせて提示されることがあります。正しく読み取れるよう、普段から資料集などを活用しましょう。

対策

応用問題の対策は

問題の大部分は、教科書レベルの問題です。まずは教科書を活用してしっかりと基礎的な事項を理解していきましょう。政治や経済の基本的な考え方、歴史の大まかな流れが理解できた上で、問題集を活用して常に学習の自己評価を行うようにしましょう。自分がどの内容が理解できていて、どこが理解できていないのか、学習状況を自己評価することが成績向上につながります。できるだけ解説の詳しい問題集を活用して、常に自分の理解度を確認するようにしましょう。また間違った部分はそのままにするのでは無く、しっかりと復習することが重要です。
ですが、数多くの問題の中から、どこが入試で狙われるポイントかを見極めることはとても困難です。そのような場合は、学習院文学部の入試傾向に詳しい人に教えてもらうと、入試に狙われやすいポイントがすぐに分かります、ポイントを絞った学習を行うことで、効率よく合格に必要な知識が身につけられます。

時事問題対策は

時事問題は幅広い知識を要求される問題が多いです。日頃からテレビやニュースなどを見るように心がけましょう。「日本経済新聞」の経済面や政治面をチェックする習慣をつけることをお勧めします。耳慣れない言葉が出てきたら必ず用語集を活用して意味を調べることが大切です。また日経新聞の「きょうのことば」を切り抜いてノートを作っておくと、とても役に立ちます。
日頃から、ニュースや時事的な問題に関して問題意識を持ち、自分の意見を述べられるようにするのも大切です。
特に、日本がかかえている問題や、政治の動向についてはしっかりと押さえておくようにしましょう。
加えて、資料集にある統計データにも日頃からなじんでおきましょう。完全に覚える必要はありませんが、10年くらいの動きはしっかりと押さえておくと力がつきます。
ですが、受験生が1人で、重要な記事や統計データ選別することは難しいといえます。そういう場合は、学習院文学部の入試傾向に詳しい人に、狙われやすい時事ニュース、おさえておくべき時事ニュースを教えてもらうと効率よく時事問題対策ができます。

学習院大学・文学部の傾向と対策を知りたい方、
まずは無料の資料請求、学習相談を

家庭教師のメガスタディには、学習院大学・文学部に高い合格実績を出しているトッププロ家庭教師が多数在籍しています。

少しでもご興味をお持ちいただいた方は、まずは合格に役立つノウハウや情報を、詰め込んだ無料の資料をご請求ください。お急ぎの方はお電話ください。

また、学習院大学・文学部に詳しい教務スタッフによる無料の学習相談も承っています。学習状況を伺った上で、残りの期間でどうやって受かるかをご提案いたしますので、ぜひお気軽にお問い合わせいただければと思います。

◀ 学習院大学文学部の他の教科も確認する
メガスタディオンライン
メガスタディ公式LINE 大学受験マル秘情報プレゼント
            
ページトップへ