.

学習院大学
経済学部
地理 入試傾向と対策ポイント

偏差値40から学習院大学に合格させます!
私大受験専門・家庭教師メガスタディが入試傾向を徹底解説!

地理対策

このページでは、学習院大学 経済学部の地理入試問題の「傾向と対策ポイント」を解説しています。
学習院大学の経済学部を目指す方には地理入試の合格のヒントがきっとありますので、ぜひ参考にしていただければと思います。

概要(出題範囲、出題量、出題・解答形式)

学習院大学 経済学部の地理は、大きく3つの特徴があります。

 ・地誌問題が世界各国からまんべんなく出題される
 ・難しい論述問題が出題される
 ・時事問題が頻出

こうした傾向に合わせ、学習院大学 経済学部の地理で合格点を取るための対策を、これからお伝えしていきます。

出題範囲は地理Bで、アメリカを中心に世界各国から出題されます。

出題範囲は地理Bで、世界各国から出題されます。
例年、大問6,7題で150点満点です。
試験時間は90分で、時間内に解き終えることは可能です。

マーク式と記述式の併用です。

出題内容

全世界の大陸から出題がされています。
地誌問題は毎年出題されており、時事問題も目立ちます。
また、ASEANやBRICsの新興国についても出題されています。

対策

地誌を簡単に覚える方法

地誌問題は世界各国から出題されるため、重点的に学習しておくことが大切です。
地誌を暗記するには、地図を活用すると良いでしょう。なぜなら、地図は「イメージ・図」であり、記憶に残りやすいからです。各大陸や各国の特徴などの情報は、ノートではなく、地図に書き込むことが暗記のポイントです。
地図を利用することで、隣接した国や地域についても併せて暗記できるので、効率的に暗記することができます。

論述問題で周りに差をつける

学習院 経済学部の地理には難しい論述問題が出題されるので、対策が必要です。
論述問題のポイントは「キーワードを漏らさず含むこと」、「読み手の立場になって文章を作成すること」です。
自由に記述できるからといって、解答に不必要な言葉ばかりを並べても得点はできません。設問に合った、キーワードを適切に選びさえすれば、合格点が取れます。
また、読み手の立場に立つことも重要です。論述問題は、自分が考えることを読み手である採点者に適切に伝えなくてはいけません。そのため、文章構成ができていなかったり、誤字脱字があったりしては伝わらなくなります。文章を作成する際は、読み手の立場にたって、「この言い方で伝わるか」を必ず意識しましょう。作成した後に、作成した文章を読み返すことも重要です。
ただ、「本当にキーワードを含んでいるか」「伝わりやすい文章になっているか」は受験生自身が確認するのは難しいと言えます。ですので、学習院 経済学部の地理に詳しい人に添削指導をしてもらうと良いでしょう。「キーワードの見つけ方」や「文章の作り方」を身につけることができるので、論述問題で周りに差をつけることができます。

論述問題の対策法

時事問題も頻出のため、対策が必要です。時事問題は近年の出来事についての問題なので、教科書では学べません。新聞やニュースなどでチェックをするようにしましょう。このとき、チェックは一時期行うだけでは不十分です。なぜなら、どの時期の出来事が出題されるか分からないからです。毎週、あるいは毎日新聞やニュースなどをチェックする習慣をつけましょう。
ただ、受験生1人ですべての出来事をチェックしたり、チェックを始める以前の出来事について調べたりするのは大変です。学習院 経済学部の地理に詳しい人の手を借りれば、起きた出来事の中から、学習院 経済学部の傾向に合った、出題されやすい出来事を教えてくれます効率的に時事問題対策ができるので、合格に結びつく力を身につけられます。

学習院大学・経済学部の傾向と対策を知りたい方、
まずは無料の資料請求、学習相談を

家庭教師のメガスタディには、学習院大学・経済学部に高い合格実績を出しているトッププロ家庭教師が多数在籍しています。

少しでもご興味をお持ちいただいた方は、まずは合格に役立つノウハウや情報を、詰め込んだ無料の資料をご請求ください。お急ぎの方はお電話ください。

また、学習院大学・経済学部に詳しい教務スタッフによる無料の学習相談も承っています。学習状況を伺った上で、残りの期間でどうやって受かるかをご提案いたしますので、ぜひお気軽にお問い合わせいただければと思います。

◀ 学習院大学経済学部の他の教科も確認する
メガスタディオンライン
メガスタディ公式LINE 大学受験マル秘情報プレゼント
ページトップへ