.
オンライン家庭教師のメガスタオンライン家庭教師のメガスタ

学習院大学
法学部
地理 入試傾向と対策ポイント

偏差値40から学習院大学に合格させます!
私大受験専門・家庭教師メガスタディが入試傾向を徹底解説!

地理対策

このページでは、学習院大学 法学部の地理入試問題の「傾向と対策ポイント」を解説しています。
学習院大学の法学部を目指す方には地理入試の合格のヒントがきっとありますので、ぜひ参考にしていただければと思います。

概要(出題範囲、出題量、出題・解答形式)

学習院大学法学部の地理は、例年大問4、5問の出題です。マークセンス法による選択式と記述法・論述法が主な解答形式です。2010年度は計算問題も出題されました。試験時間は60分です。

地形図の読図問題、グラフ・統計表を利用した問題、イラスト図を用いた問題などがあります。

出題内容

全体として、環境、資源、食糧問題、民族紛争、経済のグローバル化など、現代世界が抱える課題について取り上げたテーマが中心です。中でも・資源問題や産業の問題に関しては、特に出題頻度は高く、深く掘り下げた内容も見られます。
全体的には現代社会や経済の近年の動向をテーマにした出題が多い傾向にあります
論述式問題は、地理的現象やその要因を説明させるものが多くなっています。

対策

難問攻略・得点力アップのポイント

難問がしばしばみられるので、難問対策が必要です。対策としては、まずは、教科書の内容を何度も繰り返し読んで、基本を確実に定着させることです。図や注記も細かく覚えることが大切です。また、地理的事象の因果関係もきちんと理解しながら読むようにしましょう
難問に対応できる複合的な力を付けるためには、用語集や統計集を用いることが重要です。これらを活用して、学んだ内容を系統立てて整理しておきましょう。オススメの用語集には、『地理用語集』(山川出版社)などがあります。統計集としては、『データブック・オブ・ザ・ワールド』(二宮書店)などがあります。
さらに、学習院 法学部の傾向に詳しい人に、狙われやすい地理的事象や統計表を教えてもらって勉強するのも良い方法です。傾向に沿った勉強ができるので、効率良く得点力を付けることができます。

時事的なテーマに強くなる

時事性の強い問題が多く出題されるので、普段から新聞やテレビを見て、経済のグローバル化や環境問題などのニュースに関心をもっておきましょう話題のニュースを、地理的事象と絡めて捉えられるようにすることが重要です。
ただ、情報をすべて把握するのはなかなか難しいので、学習院 法学部の傾向に詳しい人に、取り上げられそうな時事問題を教えてもらうようにしましょう。ニュースの着目ポイントも分かるので、時事性の強い問題でも得点しやすくなります。

論述問題の対策法

地理用語の説明などを、練習なしに制限された字数でまとめるのは困難なので、事前に訓練して準備することが重要です。
点が取れる論述を書くコツは、論じるべきポイントや必要なキーワードを盛り込み、字数内で要約する練習をすることです。そのために、教科書の小項目や地理用語をテーマに、50~200字程度の文章で的確に説明できるように演習しましょう
問題集を活用して練習する場合は、『記述論述 地理B』(学生社)などがオススメです。ただし、解答は必ず、学習院 法学部の傾向や地理の論述対策に詳しい人に添削してもらいましょう。論じるべきポイントを過不足なく書けているかどうかを見てもらうことができ、点が取れる解答の作り方も指導してもらうことができます。

学習院大学・法学部の傾向と対策を知りたい方、
まずは無料の資料請求、学習相談を

家庭教師のメガスタディには、学習院大学・法学部に高い合格実績を出しているトッププロ家庭教師が多数在籍しています。

少しでもご興味をお持ちいただいた方は、まずは合格に役立つノウハウや情報を、詰め込んだ無料の資料をご請求ください。お急ぎの方はお電話ください。

また、学習院大学・法学部に詳しい教務スタッフによる無料の学習相談も承っています。学習状況を伺った上で、残りの期間でどうやって受かるかをご提案いたしますので、ぜひお気軽にお問い合わせいただければと思います。

◀ 学習院大学法学部の他の教科も確認する
メガスタディオンライン
メガスタディ公式LINE 大学受験マル秘情報プレゼント
            
ページトップへ