.

学習院大学  理学部
化学 入試傾向と対策ポイント

化学対策

このページでは、学習院大学 理学部の化学入試問題の「傾向と対策ポイント」を解説しています。
学習院大学の理学部を目指す方には合格のヒントがきっとありますので、ぜひ参考にしていただければと思います。

概要(出題範囲、出題量、出題・回答形式)

学習院大学理学部の理科の入試問題は、2016年度以降、「化学」として受験することになります。2015年度までは「理科X」「理科Y」「理科Z」の3種類があり、1つを各学科の指定により選択することができましたが、改定後これらは「物理」「化学」「生物」と科目が分かれましたので、注意してください。

試験時間は90分で、計算・描図・記述・論述などさまざまな形式の問題が出題されます。

対策

全範囲を網羅した基礎固めをする

学習院大学理学部における化学は、理論・無機・有機分野全般から、もれなく出題されています。大問の中に、それぞれの分野の小問がいくつもあり、扱われている問題は幅広いです。どれも基本問題を中心に構成されているため、出題範囲全般にわたって基礎的な力を身につけておく必要があります。また、記述問題や計算問題も一見難しく見えるかもしれませんが、化学の基礎知識を使うことで、正しい解答を導くことができる問題です。教科書を用いて、基本事項とその使い方の理解に努めましょう。

化学反応式や化学式が頻出

教科書で書かれているような化学式や化学反応式が、例年出題されています。化学式・化学反応式は、その後の計算問題にも使われることが多々あるため、少しの暗記間違いが致命傷になります。よく扱われる化学式・化学反応式はノートにまとめ、正確に覚えましょう。

さらに詳しく学習院大学・理学部の傾向と対策を知りたい方、学習院大学・理学部に合格したい方、まずは無料の資料請求、お電話でのお問い合わせ・無料の学習相談をお待ちしております。

家庭教師のメガスタディには、学習院大学・理学部に高い合格実績を出しているトッププロ家庭教師が多数在籍しています。

少しでもご興味をお持ちいただいた方は、まずは合格に役立つノウハウや情報を、詰め込んだ無料の資料をご請求ください。お急ぎの方はお電話ください。

また、学習院大学・理学部に詳しい教務スタッフによる無料の学習相談も承っています。学習状況を伺った上で、残りの期間でどうやって受かるかをご提案いたしますので、ぜひお気軽にお問い合わせいただければと思います。

◀ 学習院大学理学部の他の教科も確認する

学習院大学・理学部 科目別対策

メガスタディオンライン
ページトップへ