.
オンライン家庭教師のメガスタオンライン家庭教師のメガスタ

日本大学
生物資源科学部
英語 入試傾向と対策ポイント

偏差値40から日本大学に合格させます!
私大受験専門・家庭教師メガスタディが入試傾向を徹底解説!

英語対策

このページでは、日本大学 生物資源科学部の英語入試問題の「傾向と対策ポイント」を解説しています。
日本大学の生物資源科学部を目指す方には英語入試の合格のヒントがきっとありますので、ぜひ参考にしていただければと思います。

概要(出題範囲、出題量、出題・回答形式)

日本大学 生物資源科学部の英語は、試験時間60分、全問選択式の設問で、マークシートで解答します。出題量は、読解問題が5題、文法・語彙問題が2題、会話文問題が1題の計8題です。例年ほぼ同じ出題形式ですが、年度により読解問題数が変動します。

出題内容

日本大学 生物資源科学部の英語で出題される読解問題では、学部柄、動植物をテーマにした科学的な記事からの出題が多いです。4~6題ある読解問題のうち1題は長文で、内容真偽が問われます。残りの読解問題は短めな英文で、空所補充や欠文補充、主題に関する問題が出題されます。
文法・語彙問題は、空所補充と語句整序が出題されています。
会話文問題では、二者による対話の空所に適した一文を補充する問題が出題されます。
いずれも、難易度は標準的で、読解問題の長文にも難しい構文などは、ほぼ出題されていません。

対策

基本文法・語彙をしっかり押さえよう

日本大学 生物資源科学部の英語で問われる文法や語彙は、基本的なものがほとんどです。まずはテキストを中心に、単語や構文を徹底的にチェックしましょう。
文法や語彙は一朝一夕で身につくものではありません。チェックした単語・構文は定期的に見直し、繰り返し学習しましょう。

速読力・読解力を養おう

日本大学 生物資源科学部の英語は、読解問題の大問数が多いため、速読力の養成が必要不可欠です。また、内容把握の問題が中心的に問われるため、長文の内容を大まかにでも正確に把握することが得点のカギとなってきます。
英文にすばやく目を通し、パラグラフごとに要旨をまとめることができるようになるまで、繰り返し練習をしましょう。生物や動植物に関するテーマからの出題が多いので、生物資源科学部の過去問はもちろん、他大学の類似テーマの過去問を探して取り組むとよいでしょう。

会話問題は流れに気をつけよう

会話文問題では、二者による対話の中で、空所に当てはまる一文を選択する問題が出題されます。そのため、受け答えの流れをきちんと把握しているかが問われます。空所の前後の内容が矛盾なくつながる選択肢はどれか、会話特有の表現に気をつけて、解答しましょう。

日本大学・生物資源科学部の傾向と対策を知りたい方、
まずは無料の資料請求、学習相談を

家庭教師のメガスタディには、日本大学・生物資源科学部に高い合格実績を出しているトッププロ家庭教師が多数在籍しています。

少しでもご興味をお持ちいただいた方は、まずは合格に役立つノウハウや情報を、詰め込んだ無料の資料をご請求ください。お急ぎの方はお電話ください。

また、日本大学・生物資源科学部に詳しい教務スタッフによる無料の学習相談も承っています。学習状況を伺った上で、残りの期間でどうやって受かるかをご提案いたしますので、ぜひお気軽にお問い合わせいただければと思います。

◀ 日本大学生物資源科学部の他の教科も確認する
メガスタディオンライン
メガスタディ公式LINE 大学受験マル秘情報プレゼント
            
ページトップへ