.

日本大学  経済学部
英語 入試傾向と対策ポイント

英語対策

このページでは、日本大学 経済学部の英語入試問題の「傾向と対策ポイント」を解説しています。
日本大学の経済学部を目指す方には合格のヒントがきっとありますので、ぜひ参考にしていただければと思います。

概要(出題範囲、出題量、出題・回答形式)

日本大学 経済学部の英語は、2011年度より試験時間60分、大問数8題となっています。2010年度以前は、試験時間80分、大問数9題の出題でした。解答形式は、例年、全問マークシート方式を採用しています。

出題内容

日本大学 経済学部の英語は、読解問題4題、文法・語彙問題3題、会話文問題1題で構成されています。大問4題の読解問題は、(1)長文読解が1題、(2)中文読解が1題、(3)短文読解が小問2題、(4)図表の読み取り問題が1題となっています。

(1)長文問題では約750語程度の長文が扱われ、内容把握に関する問題が設けられています。

(2)中文問題では、長文問題の約半分の文章量の英文の空所補充問題が出題されます。

(3)80語前後の短文2題の小問では、挿入文の整序問題が頻出です。

(4)図表の読み取り問題は、2011年度より新たに加えられた設問で、2011年度は船の時刻表、2012年度は飛行機の時刻表が取り扱われました。

文法問題では、空所補充・語句整序・同意表現が例年出題される傾向です。
会話文問題では、文脈を把握し、適切な語句や文を挿入させる設問が与えられています。

対策

基本となる文法・語彙をしっかり確認しよう

日本大学 経済学部の英語では、語句整序や空所補充問題が必出となっていることから、文法力・語彙力をしっかりと身につけておくことが求められています。基本単語・熟語集や文法参考書などを使って、基本をしっかりマスターしておきましょう。単語や熟語を覚える際は、例文を活用して、その使い方まで身につけるよう心がけましょう。

読解力の養おう

日本大学 経済学部の英語の場合、読解問題では、長文の流れに沿った内容把握に関する設問が出題されます。設問には、紛らわしい選択肢が含まれていることもあるため、長文全体の内容や流れを正確につかむことが重要となってきます。試験時間の制限のなかで、要旨をまとめつつ丁寧に文章を読み進める練習をしましょう。時事的な内容がテーマとなることも多々あるので、過去問や問題集のほかに、簡単な英字新聞の記事などを練習題材にするのも効果的です。

さらに詳しく日本大学・経済学部の傾向と対策を知りたい方、日本大学・経済学部に合格したい方、まずは無料の資料請求、お電話でのお問い合わせ・無料の学習相談をお待ちしております。

家庭教師のメガスタディには、日本大学・経済学部に高い合格実績を出しているトッププロ家庭教師が多数在籍しています。

少しでもご興味をお持ちいただいた方は、まずは合格に役立つノウハウや情報を、詰め込んだ無料の資料をご請求ください。お急ぎの方はお電話ください。

また、日本大学・経済学部に詳しい教務スタッフによる無料の学習相談も承っています。学習状況を伺った上で、残りの期間でどうやって受かるかをご提案いたしますので、ぜひお気軽にお問い合わせいただければと思います。

◀ 日本大学経済学部の他の教科も確認する

日本大学大学受験に役立つ情報満載の
資料を無料でお届けします。

【保存版】入試傾向&対策完全攻略本
有名私大(早慶上智を含む22大学223学部)の入試英語について、傾向と対策を解説
※数にかぎりがございますので、無くなり次第終了とさせていただきます。
学年別対策冊子
合格体験記
プロ家庭教師ができること
詳しいシステム、料金
▼ お急ぎの方はお電話でお問い合わせください。 ▼ 電話でのお問い合わせ・資料請求はこちら

日本大学・経済学部 科目別対策

メガスタディオンライン
ページトップへ