.

全国対応の家庭教師

日本大学  国際関係学部
英語 入試傾向と対策ポイント

英語対策

このページでは、日本大学 国際関係学部の英語入試問題の「傾向と対策ポイント」を解説しています。
日本大学の国際関係学部を目指す方には合格のヒントがきっとありますので、ぜひ参考にしていただければと思います。

概要(出題範囲、出題量、出題・回答形式)

日本大学 国際関係学部の英語は、試験時間60分、大問6題で構成されています。解答形式は全問マークシート方式です。

出題内容

日本大学 国際関係学部の英語は、例年、読解問題2題、会話文問題1題、文法・語彙問題3題で構成されています。2題の読解問題のうち、ひとつは長文、もうひとつは短めの文章が出題されます。長文は、科学的な評論が出題される傾向があり、空所補充や内容把握に関する問題が多く出題されます。
短文読解問題では、社会や文化など、毎年様々な分野の文章が取り扱われています。設問は空所補充問題のみの傾向があります。会話文問題では、空所補充形式で、会話の流れに沿って文を完成させる問題が出題されます。文法・語彙問題では、大問2題が空所補充問題、1題が語順整序問題なっています。

対策

速読・読解力を鍛えよう

日本大学 国際関係学部の英語の読解問題では、空所補充・内容把握の問題が多く出題されます。そのため、文章の内容を正確に把握し、流れをつかむことが重要となってきます。
しかし、試験時間・全体の問題数を考慮すると、じっくりと文章を読む余裕があるとは言えません。日本大学 国際関係学部の英語では、読解の正確さと同時にすばやさも求められていると言えます。
速読・読解力を養うために、原因・結果の関係、筆者の主張、同じ内容の言い換えなどに注意しながら、要旨をまとめつつ読み進める練習を繰り返し行いましょう。練習題材としては、長文読解問題では科学的な評論文が、短文読解問題ではさまざまなテーマが扱われるため、高校生向け英字新聞のコラムを活用するのもいいでしょう。

語彙・イディオム数を増やそう

日本大学 国際関係学部の英語では、語彙に関してかなり細かい知識が要求されます。単語帳を使った学習に加え、読解問題の練習の際にも、知らない単語に出会ったら、すべて記憶にストックしましょう。その際には、意味だけでなく、コロケーションや類義語のニュアンスの違いなどを整理して、身につけるよう心がけましょう。

※N方式1期の試験問題を参考にしています

さらに詳しく日本大学・国際関係学部の傾向と対策を知りたい方、日本大学・国際関係学部に合格したい方、まずは無料の資料請求、お電話でのお問い合わせ・無料の学習相談をお待ちしております。

家庭教師のメガスタディには、日本大学・国際関係学部に高い合格実績を出しているトッププロ家庭教師が多数在籍しています。

少しでもご興味をお持ちいただいた方は、まずは合格に役立つノウハウや情報を、詰め込んだ無料の資料をご請求ください。お急ぎの方はお電話ください。

また、日本大学・国際関係学部に詳しい教務スタッフによる無料の学習相談も承っています。学習状況を伺った上で、残りの期間でどうやって受かるかをご提案いたしますので、ぜひお気軽にお問い合わせいただければと思います。

◀ 日本大学国際関係学部の他の教科も確認する

日本大学・国際関係学部 科目別対策

メガスタディオンライン
ページトップへ