.
オンライン家庭教師のメガスタオンライン家庭教師のメガスタ

日本大学
国際関係学部
数学 入試傾向と対策ポイント

偏差値40から日本大学に合格させます!
私大受験専門・家庭教師メガスタディが入試傾向を徹底解説!

数学対策

このページでは、日本大学 国際関係学部の数学入試問題の「傾向と対策ポイント」を解説しています。
日本大学の国際関係学部を目指す方には数学入試の合格のヒントがきっとありますので、ぜひ参考にしていただければと思います。

概要(出題範囲、出題量、出題・回答形式)

日本大学 国際関係学部の数学は、試験時間60分です。出題範囲は、「①数学Ⅰ・Ⅱ・A・B(確率分布と統計的な推測を除く)」、「②数学Ⅰ・Ⅱ・A・B(確率分布と統計的な推測を除く)・Ⅲ」となっています。①か②の選択、または併用となっており、 ①の大問数は4題、②は6題です。設問は空所補充形式なので、全問マークシート方式で解答します。

出題内容

日本大学 国際関係学部の数学は、教科書の例題~章末問題程度の基本レベルの出題が中心です。大問1が小問集合となっており、あらゆる出題範囲からまんべんなく出題される傾向があります。場合の数と確率、ベクトル、微分・積分、図形と方程式、三角関数、対数関数が頻出しています。

対策

基礎をマスターする

日本大学 国際関係学部の数学は、全範囲からまんべんなく出題されており、いずれの単元も基本問題や、1度は見たことのある典型的な問題が中心です。そのため、教科書に載っている公式・定理など、すべての基本事項を徹底的に理解することが最優先です。基本事項を押さえたら、教科書の例題や章末問題に取り組み、公式や定理の使い方をマスターしましょう。

ミスをしない計算力が必要

空所補充問題は部分点が無いため、解法が正しくても、計算ミスにより結果が正しくなければ得点することができません。そのため、最後まで手を抜かず、ミスなく解ききる計算力が求められます。普段からミスのない演習を心がけるとともに、検算をする習慣をつけましょう。

過去問を研究しよう

日本大学 国際関係学部の数学は、確率、ベクトル、微分・積分、図形と方程式、三角関数などの単元が頻出している傾向があります。過去問に取り組み、これらの頻出単元を重点的に学習しておき、空所補充問題特有の設問の流れに沿った解答作成に慣れましょう。 また試験時間60分に対し、大問が4~6題と少々多めなので、時間配分にも気を付けて解くようにしましょう。

※N方式1期の試験問題を参考にしています

日本大学・国際関係学部の傾向と対策を知りたい方、
まずは無料の資料請求、学習相談を

家庭教師のメガスタディには、日本大学・国際関係学部に高い合格実績を出しているトッププロ家庭教師が多数在籍しています。

少しでもご興味をお持ちいただいた方は、まずは合格に役立つノウハウや情報を、詰め込んだ無料の資料をご請求ください。お急ぎの方はお電話ください。

また、日本大学・国際関係学部に詳しい教務スタッフによる無料の学習相談も承っています。学習状況を伺った上で、残りの期間でどうやって受かるかをご提案いたしますので、ぜひお気軽にお問い合わせいただければと思います。

◀ 日本大学国際関係学部の他の教科も確認する
メガスタディオンライン
メガスタディ公式LINE 大学受験マル秘情報プレゼント
            
ページトップへ