.

全国対応の家庭教師

日本大学  法学部
英語 入試傾向と対策ポイント

英語対策

このページでは、日本大学 法学部の英語入試問題の「傾向と対策ポイント」を解説しています。
日本大学の法学部を目指す方には合格のヒントがきっとありますので、ぜひ参考にしていただければと思います。

英語の基礎力が問われる

日本大学 法学部の英語は、英文、文法・語彙問題ともに、標準レベルの難易度です。読解問題は、英文の内容が具体的で、要点を把握しやすいものが多く、受験生の基礎的な英語力をはかることのできる良問がそろっています。対策としては、過去問演習に加え、センター試験や標準レベルの問題の英文を、正確に読む訓練をしましょう。

全問マークシート方式で出題

日本大学 法学部の英語は、例年、全問マークシート方式で出題されています。試験時間60分で大問6問という出題形式が続いています。大問数が多いため、マークシート方式の出題に慣れていないと、時間内に解き終わることが難しくなります。日頃の学習でも、マークシートを使って解答・見直しの練習をしましょう。

会話文問題が必出

日本大学 法学部の英語の特徴は、例年、会話文が大問1題出題されることです。近年は標準的な難易度の会話文が出題されていますが、過去にはかなりレベルの高い会話文が出題されたこともありました。基礎的な会話表現をマスターすることは必須として、加えて、さまざまな口語表現を身につけておくことが望まれます。そのためには、ラジオやテレビの英会話番組を利用すると効果的です。

文法・語彙力を強化する

日本大学 法学部の英語は、近年、文法・語彙問題のウェイトが高くなっており、それらの基礎力が幅広く試されます。文法の参考書や問題集を利用して、文法や語法・イディオムの知識を正確に身につけておきましょう。

過去問の徹底研究がカギ

日本大学 法学部の英語は、出題形式がほぼ一定しており、スタンダードな内容の良問が出題されています。過去問に取り組むことで、出題傾向や難易度、自分の弱点を把握し、それらを踏まえた学習をしましょう。また、過去問に取り組むときは時間配分も考えて演習をすることが重要です。そうすることで、実際の試験問題に落ち着いて臨むことができるでしょう。

※N方式1期の試験問題を参考にしています。

さらに詳しく日本大学・法学部の傾向と対策を知りたい方、日本大学・法学部に合格したい方、まずは無料の資料請求、お電話でのお問い合わせ・無料の学習相談をお待ちしております。

家庭教師のメガスタディには、日本大学・法学部に高い合格実績を出しているトッププロ家庭教師が多数在籍しています。

少しでもご興味をお持ちいただいた方は、まずは合格に役立つノウハウや情報を、詰め込んだ無料の資料をご請求ください。お急ぎの方はお電話ください。

また、日本大学・法学部に詳しい教務スタッフによる無料の学習相談も承っています。学習状況を伺った上で、残りの期間でどうやって受かるかをご提案いたしますので、ぜひお気軽にお問い合わせいただければと思います。

◀ 日本大学法学部の他の教科も確認する

日本大学・法学部 科目別対策

メガスタディオンライン
ページトップへ