.

日本大学を目指す
受験生に多い「落とし穴」

ここでは、日本大学を目指す受験生に多い落とし穴、よくある勉強法の間違いを挙げています。
頑張っているのに成果が出ていない受験生の場合、勉強の方向性や内容そのものを間違えていることが多いので、当てはまることがないかチェックしてみてください。

受験勉強全体

日本大学に的を絞った勉強ができていない

「難関私大英語」「中堅私大英語」といった講座やテキストがありますが、この「私大」がどこの大学なのかと言うと、実はかなり曖昧です。このような「漠然とした私大対策」をしている受験生は、「日大に受かるための効果的な勉強」ができていないため、模試の偏差値が上がっても、本番の入試で思ったより点数を上げられない、という状況に陥りかねません。

日本大学には日本大学ならではの特徴がたくさんあります。そのため、日大に合格するには、日大の難易度・入試傾向に対応した受験勉強が不可欠です。

「効果的な受験計画」が立てられていない

予備校や高校では受験までの計画表を生徒に手渡すことが多いです。受験生のほとんどは、この計画表をもらうと、それだけで「計画を立てたつもり」になってしまいます。しかし、これは、一人ひとりのレベルや受験校に合わせたものではありません。

日本大学に合格するためには、日大と現在の自分の実力の差を見極め、「いつまでに・何を・どれくらいやるのか」をしっかり決めて、対策を行うことが重要です。

英語編

語彙・文法問題の対策不足

日本大学の英語では、他の私大に比べて、語彙・文法問題が多く出題されます。そのため、長文演習にばかり気を取られていると、日大入試の語彙・文法問題で足元をすくわれることが大いにありえます。

特に、日本大学の入試では、語彙に関してかなり細かい知識が要求されます。単語やイディオムの学習の際には、似たような表現・同義語・同じ意味で違う言い回し・前置詞などを一緒に覚えて、語彙数を増やすことが日本大学合格の近道です。

日本大学の入試傾向と受験生の状況に合わせた指導で合格させます!

いかがでしたでしょうか?
ここに挙げただけでなく他にもありますが、多くの受験生が正しい日本大学対策、自分の学習状況に合わせた最適な受験勉強ができていません。少しでも当てはまることがあれば、できるだけ早く、なんらかの対策を講じることが必要です。

このサイトには合格圏外からでも日本大学に合格するための受験勉強のノウハウや過去問対策のポイントを多数掲載していますので、ぜひ参考にして頂ければと思います。

また、予備校・塾では不安がある、なんとしても日本大学に入りたいという方は、メガスタディ の「日本大学に強いプロ家庭教師」に頼る、という選択肢もご検討ください。

メガスタディオンライン
メガスタディ公式LINE 大学受験マル秘情報プレゼント
            
ページトップへ