.

青山学院大学
総合文化政策学部
国語 入試傾向と対策ポイント

偏差値40から青山学院大学に合格させます!
私大受験専門・家庭教師メガスタディが入試傾向を徹底解説!

国語対策

このページでは、青山学院大学 総合文化政策学部の国語入試問題の「傾向と対策ポイント」を解説しています。
青山学院大学の総合文化政策学部を目指す方には国語入試の合格のヒントがきっとありますので、ぜひ参考にしていただければと思います。

青山学院大学総合文化政策学部・国語の入試傾向

基本情報

試験時間 60分
大問数 2題
解答形式 マークシート式

大問の内訳・内容

大問 項目 解答形式 備考
1 論説文 マークシート式 出典:松沢裕作・井手英策
「分断社会の原風景—『獣の世』としての日本」
2 論説文 マークシート式 ラース・スヴェンセン著・小須田健訳
『働くことの哲学』

古文・漢文は出題されず

青山学院大学 総合文化政策学部の国語は、現代文(評論、または評論的な随筆)2題の出題構成です。
試験時間は60分で、解答形式は、以前は選択式と記述式の併用でしたが、2016年度から全てマークシートに記入する選択式へと変更になりました。
古文・漢文は出題されませんが、現代文の中に現代語訳つきで古文が組み込まれた文章が2016年度に出題されています。
例年、総合文化政策学部の国語は、言語論・文学論・人間論などの評論の問題が出されています。
設問は、漢字の書き取り・読みに加え、語意や慣用句の問題も出題されます。

出題される文章や平易なのですが、長文1題当たりの設問数が多く文章もそれなりに長いので、時間の余裕は無いでしょう。

青山学院大学総合文化政策学部・国語の対策

国語の基礎力を上げる

問題の難易度は標準レベルなので、基礎的な力を確実に身につけておきましょう。 評論では、論旨を追って読み、筆者の主張を的確に把握することが重要です。2016年度の2の文章では、「雇い主」側と「従業員」側の考えの違いを読み取り、書かれているのはどちら側の意見なのか一文ごとに明確に判断しながら読み進めることが求められました。段落ごとに論旨をまとめていくことも、問題を解く上で有効な勉強法です。また、内容説明の選択問題は選択肢にやや紛らわしいものが含まれるため、選択肢文を慎重に吟味してください。
随筆では、筆者の経験や心情を文章から把握する力をつけましょう。

時間配分の練習をしておく

マークシートの形式になってからまだ年数は浅いですが、過去問にしっかり取り組んでおきましょう。ただ、文章は平易なので、時間を計らないと意味がありません。ぜひ、時間を計って本番さながら過去問に取り組み、時間が無いことを実感したのち時間配分の作戦を練りましょう。

哲学・思想関係の文章に慣れる

総合文化政策学部の国語では、評論文が頻繁に出題されるので、同系統の文章を出題する他大学の過去問にも取り組むなどして、評論文に慣れておくと良いでしょう。
また、評論用語の理解が前提となっているので、語彙力の養成が必要です。

青山学院大学・総合文化政策学部の傾向と対策を知りたい方、
まずは無料の資料請求、学習相談を

家庭教師のメガスタディには、青山学院大学・総合文化政策学部に高い合格実績を出しているトッププロ家庭教師が多数在籍しています。

少しでもご興味をお持ちいただいた方は、まずは合格に役立つノウハウや情報を、詰め込んだ無料の資料をご請求ください。お急ぎの方はお電話ください。

また、青山学院大学・総合文化政策学部に詳しい教務スタッフによる無料の学習相談も承っています。学習状況を伺った上で、残りの期間でどうやって受かるかをご提案いたしますので、ぜひお気軽にお問い合わせいただければと思います。

◀ 青山学院大学総合文化政策学部の他の教科も確認する

青山学院大学・総合文化政策学部 科目別対策

メガスタディオンライン
メガスタディ公式LINE 大学受験マル秘情報プレゼント
ページトップへ