.

学習院大学
経済学部
国語 入試傾向と対策ポイント

偏差値40から学習院大学に合格させます!
私大受験専門・家庭教師メガスタディが入試傾向を徹底解説!

国語対策

このページでは、学習院大学 経済学部の国語入試問題の「傾向と対策ポイント」を解説しています。
学習院大学の経済学部を目指す方には国語入試の合格のヒントがきっとありますので、ぜひ参考にしていただければと思います。

概要(出題範囲、出題量、出題・解答形式)

学習院大学 経済学部の国語は、大きく3つの特徴があります。

 ・現代文は評論文が頻出
 ・古文は基本レベルの問題
 ・文学史の問題が出る

こうした傾向に合わせ、学習院大学 経済学部の国語で合格点を取るための対策を、これからお伝えしていきます。

2015年度より漢字問題1題、現代文1題、古文1題の出題となりました。試験時間も2015年度より60分となりました。

現代文は、字数指定のある論述説明問題が必出です。他に、空所補充や漢字問題なども出されます。古文は、読解問題の他に、単語の意味や文法などの問題が出題されています。文学史も毎年出題があります。

出題内容

現代文の攻略法

現代文は評論から出題されます。内容は、文芸・芸術・文化・社会・科学・言語と多岐にわたり、現代社会が抱える問題点を論じる文章が出題される傾向にあります。新聞の社説やコラム・寄稿からの出題もみられます。
評論文攻略のポイントは2つあります。
1つ目は、本文の論旨を掴むことです。接続詞や段落の前後関係に留意することが読解のコツです。段落ごとにキーセンテンスを2~3文見つけたり、要約したりする練習をすると、読解力が上がります。
内容説明の記述問題が必出です。主旨の要約、人物の心情説明などを、30~50字程度でまとめる練習をしておいた方が良いでしょう。

2つ目は、文章形式に慣れることです。日ごろから、新書や新聞の評論欄を読み、スピーディーに読む力を養っておきましょう。評論文については、『序論→本論→結論』の骨組みで書かれているので、この骨組みを意識して読みましょう。わからない語句や漢字が出てきた場合は、すぐに調べると、より知識を深めることができます。
また、評論文の形式に慣れるには、問題演習も大切です。標準レベルの問題集を1冊以上はこなしておきましょう。

ただ、現代文は受験生が一人で対策していても、なかなか伸びる教科ではありません。学習院 経済学部の傾向に詳しいに対策を講じてもらうのも良い対策です。傾向に合わせて「評論文読解のポイント」を指導してくれるうえ、「合格に必要な語彙」や「背景知識」なども補強してくれるので、効率よく合格に直結する力を身につけられます。

語彙力と文法力が古文読解のカギ

古文の問題として登場する文章は、文学史で学ぶような有名作品が多いです。全体的な内容把握に加え、読み、語意、口語訳、文法、内容説明、内容真偽、文学史など細かい知識を問う設問もみられるので注意が必要です。

古文で合格点を取るには、十分な語彙力をつけておくことが必要不可欠です。基本的な古語を中心に、500語程度は身につけておきましょう。古語辞典や一問一答の古語問題集を活用すると効率よく古語をマスターできます。また、古語は、問題文の文脈から意味をつかめるようになることも大切です。古語の一般的な意味だけでなく、文章から意味を推測できるようにしましょう。一度、問題文を音読してみると、意味をつかみやすくなります。

文法問題は必ず出されます。用語の活用、助詞・助動詞の意味と識別、敬語の種類と用法などの知識を固めておきましょう。なかでも、助動詞の意味と識別が理解できれば、大抵の古文は読みこなすことができます。
文法力を格段に伸ばすには、全ての文章に関して、品詞分解をし、一つ一つの単語の意味・用法を確認していくことです。その上で問題文を正確に口語訳する練習も欠かさずするようにしましょう。

学習院大学・経済学部の傾向と対策を知りたい方、
まずは無料の資料請求、学習相談を

家庭教師のメガスタディには、学習院大学・経済学部に高い合格実績を出しているトッププロ家庭教師が多数在籍しています。

少しでもご興味をお持ちいただいた方は、まずは合格に役立つノウハウや情報を、詰め込んだ無料の資料をご請求ください。お急ぎの方はお電話ください。

また、学習院大学・経済学部に詳しい教務スタッフによる無料の学習相談も承っています。学習状況を伺った上で、残りの期間でどうやって受かるかをご提案いたしますので、ぜひお気軽にお問い合わせいただければと思います。

◀ 学習院大学経済学部の他の教科も確認する
メガスタディオンライン
メガスタディ公式LINE 大学受験マル秘情報プレゼント
ページトップへ