.
オンライン家庭教師のメガスタオンライン家庭教師のメガスタ

日本大学
商学部
国語 入試傾向と対策ポイント

偏差値40から日本大学に合格させます!
私大受験専門・家庭教師メガスタディが入試傾向を徹底解説!

国語対策

このページでは、日本大学 商学部の国語入試問題の「傾向と対策ポイント」を解説しています。
日本大学の商学部を目指す方には国語入試の合格のヒントがきっとありますので、ぜひ参考にしていただければと思います。

概要(出題範囲、出題量、出題・回答形式)

日本大学 商学部の国語は、国語常識1題、現代文2題、古文1題の計4題で構成されています。試験時間は60分です。解答形式は、2011年度以降すべてマークシート形式となっています。

出題内容

日本大学 商学部の国語は、文章の量・質、設問など全体的に標準レベルの入試問題です。
国語常識問題では漢字の書き取り・読み、慣用句、四字熟語、ことわざ、故事成語、語意が出題されています。
現代文は、評論1題、随筆1題の組み合わせで出題される傾向にあります。評論文の内容は、人文科学・社会科学の分野からの出題が多いです。設問では、文中の空欄を文脈に合わせて補充するものや、傍線部の理由・内容説明がよく問われます。
古文は、中世の説話・物語・歌論が出題される傾向にあります。設問は、口語訳・内容説明のほか、文法や指示内容も頻出です。また、文学史や和歌の解釈・修辞法も問われることがあります。

対策

基本事項をマスターする

日本大学 商学部の国語は、基本的な知識を問う問題が多く出題されます。漢字や慣用句などの国語常識や古文の基本語句・文法を問う問題は、暗記すれば、得点源になりやすい分野です。漢字や熟語の問題集、古文単語集を用いて繰り返し学習し、現代文・古文ともに、漢字、四字熟語、ことわざなどの基礎知識をしっかり固めておきましょう。また、文学史や古典常識などは、国語便覧を用いて学習するとよいでしょう

現代的な議論にたくさん触れておこう

例年出題される評論文は、苦手な受験生が多いため、評論が解けるかが合否の分かれ目となりやすいです。評論独特の言い回しや議論の運び方に慣れるには、文学・芸術・人間社会・経済などの人文科学・社会科学分野の評論やエッセイをたくさん読むことが重要です。日本大学 商学部の国語で出題される現代文では、現在活躍中の研究者・評論家の著作から出題される傾向があります。新聞の社説や新書の中で、興味の引かれるものから読み始め、現代的な議論にたくさん触れておきましょう。

日本大学・商学部の傾向と対策を知りたい方、
まずは無料の資料請求、学習相談を

家庭教師のメガスタディには、日本大学・商学部に高い合格実績を出しているトッププロ家庭教師が多数在籍しています。

少しでもご興味をお持ちいただいた方は、まずは合格に役立つノウハウや情報を、詰め込んだ無料の資料をご請求ください。お急ぎの方はお電話ください。

また、日本大学・商学部に詳しい教務スタッフによる無料の学習相談も承っています。学習状況を伺った上で、残りの期間でどうやって受かるかをご提案いたしますので、ぜひお気軽にお問い合わせいただければと思います。

◀ 日本大学商学部の他の教科も確認する
メガスタディオンライン
メガスタディ公式LINE 大学受験マル秘情報プレゼント
            
ページトップへ