.

日本大学
経済学部
国語 入試傾向と対策ポイント

偏差値40から日本大学に合格させます!
私大受験専門・家庭教師メガスタディが入試傾向を徹底解説!

国語対策

このページでは、日本大学 経済学部の国語入試問題の「傾向と対策ポイント」を解説しています。
日本大学の経済学部を目指す方には国語入試の合格のヒントがきっとありますので、ぜひ参考にしていただければと思います。

概要(出題範囲、出題量、出題・回答形式)

日本大学 経済学部の国語は、試験時間60分、大問数3題(現代文2題、古文1題)での出題が多いです。設問は選択式で、マークシートに解答する形式をとっています。

出題内容

例年、現代文2題、古文1題の出題となっています。
現代文は1題が評論、もう1題が小説または随筆という傾向があります。現代文は文章の質・量ともに標準的なものが多いです。しかし、語意に関する設問が多く、漢字の書き取りや語句・慣用表現の意味など、言葉に関する幅広い知識が問われています。また文学史に関する設問も頻出しています。
古文は様々な時代・ジャンルから出題されています。設問では、口語訳や内容把握に関するものが中心となる傾向があります。また、登場人物の関係や、敬語の用法、内容に関わる文学史の知識なども問われることが多いです。

対策

漢字や語句の知識を増やそう

日本大学 経済学部の現代文では、漢字や語句の幅広い知識を問う問題が大きな比重を占めています。漢字や語句に関する問題は、知識を持っていれば解答できるものなので、得点源になりやすいです。早くからこれらの対策をとっておきましょう。例えば、語句・熟語集を使って繰り返し学習したり、普段の学習でわからない語句があれば辞書を引く習慣をつけるといいでしょう。

古文は基礎知識が重要

日本大学 経済学部の現代文では、口語訳や内容把握に関する設問が中心に問われることから、古語・文法の知識は必要不可欠です。様々な時代の読み物が出題されているので、時代に偏りなく知識を身に着けておきましょう。古語は単語帳を、文法や和歌の修辞法はテキストを使い、学習することが効果的です。また、普段の学習で古文を読むときは、重要古語・文法を確認すると同時に、丁寧に口語訳をつけて読むようにしましょう。

日本大学・経済学部の傾向と対策を知りたい方、
まずは無料の資料請求、学習相談を

家庭教師のメガスタディには、日本大学・経済学部に高い合格実績を出しているトッププロ家庭教師が多数在籍しています。

少しでもご興味をお持ちいただいた方は、まずは合格に役立つノウハウや情報を、詰め込んだ無料の資料をご請求ください。お急ぎの方はお電話ください。

また、日本大学・経済学部に詳しい教務スタッフによる無料の学習相談も承っています。学習状況を伺った上で、残りの期間でどうやって受かるかをご提案いたしますので、ぜひお気軽にお問い合わせいただければと思います。

◀ 日本大学経済学部の他の教科も確認する

日本大学・経済学部 科目別対策

メガスタディオンライン
メガスタディ公式LINE 大学受験マル秘情報プレゼント
ページトップへ