.

全国対応の家庭教師

日本大学  国際関係学部
国語 入試傾向と対策ポイント

国語対策

このページでは、日本大学 国際関係学部の国語入試問題の「傾向と対策ポイント」を解説しています。
日本大学の国際関係学部を目指す方には合格のヒントがきっとありますので、ぜひ参考にしていただければと思います。

概要(出題範囲、出題量、出題・回答形式)

日本大学 国際関係学部の国語は、試験時間60分で、大問3題の出題が続いています。大問3題のうち、2題は現代文、残る1題は古文です。設問は全問選択式で、マークシートに解答を記入する形式をとっています。

出題内容

現代文では、例年、評論文が取り扱われています。テーマには国際関係学部の特色が現れ、文化・文明・言語に関する評論が多いです。設問は、論旨展開、論旨把握を問うものが中心に構成されています。
古文は、中古・中世の有名な作品からの出題が多いです。設問では、主語・人物関係を読み取る力や基本的な文法・語意が問われています。
また、現代文・古文ともに文学史の知識を問われる問題が出題される傾向があります。
設問の難易度は標準的であると言えます。

対策

評論文の読解力を養おう

日本大学 国際関係学部の現代文は、例年、評論文が出題されています。
評論文の読解力をつけるには、まず、多くの評論に触れることが挙げられます。評論文は、きわめて論理的な文章構造ですが、独特の言い回しや表現を含むため、慣れていなければ文章の流れを把握するのに時間がかかってしまいます。日頃から、新聞・雑誌の文化欄などに載っている評論や論説をたくさん読んでおきましょう。また、用語集などを活用して、思想関係の知識を増やすことも、読解力の基礎を高めるのに効果的です。

中古・中世文学に強くなろう

日本大学 国際関係学部の古文では、中古・中世の代表的な作品が多く出題されています。教科書の学習に加えて、国語便覧を参照し、著名作品の概要に関する知識をあらかじめ身につけておくと、作品をスムーズに読み進めることができます。また、文学史の出題もあるので、作品のジャンルや成立年代もあわせて確認することが望ましいです。
中古・中世の作品を中心とする問題集は数多く出版されています。知識をつけつつ、そういった問題集や過去問に取り組み、登場人物や場面展開を読みとる練習をしましょう。

※N方式1期の試験問題を参考にしています

さらに詳しく日本大学・国際関係学部の傾向と対策を知りたい方、日本大学・国際関係学部に合格したい方、まずは無料の資料請求、お電話でのお問い合わせ・無料の学習相談をお待ちしております。

家庭教師のメガスタディには、日本大学・国際関係学部に高い合格実績を出しているトッププロ家庭教師が多数在籍しています。

少しでもご興味をお持ちいただいた方は、まずは合格に役立つノウハウや情報を、詰め込んだ無料の資料をご請求ください。お急ぎの方はお電話ください。

また、日本大学・国際関係学部に詳しい教務スタッフによる無料の学習相談も承っています。学習状況を伺った上で、残りの期間でどうやって受かるかをご提案いたしますので、ぜひお気軽にお問い合わせいただければと思います。

◀ 日本大学国際関係学部の他の教科も確認する

日本大学・国際関係学部 科目別対策

メガスタディオンライン
ページトップへ