志望校に「現役合格」するために予備校以外の方法を試してみませんか?合格圏外の高3生が、早慶上智MARCHに合格する方法!

チェックリスト

少しでも当てはまる方は、続きをお読みください

現役生合格実績(一部掲載)

※指導による成果には個人差があります。

「基礎から穴だらけでした」
「1対1の指導で早稲田合格!」

大学受験合格体験記 早稲田(文)

早稲田大学 文学部 合格

東京都世田谷区 E.Kさん

「念願の上智に合格!」
「合格は家庭教師のおかげです」

大学受験合格体験記 上智(総合人間科学部)

上智大学 外国語学部、
早稲田大学 教育学部 合格

埼玉県 A.Sさん

家庭教師メガスタディの「高3生対策ページ」にお越し頂きありがとうございます。
このページでは、「現時点で志望校に届いていない」「まだ基礎が固まっていない」「成果が出ていない」という高3生が、希望の大学(学部)に現役合格できる方法について詳しくお伝えしています。

早慶上智、理科大、GMARCH(学習院、明治、青山、立教、中央、法政)などの、難関私大・上位私大を目指す方は、どうか最後までお読みいただければと思います。

大学受験は予備校に通うのが正解?

大学受験の場合、ほとんどの受験生が予備校に通いながら合格を目指します。

ご存知の通り、大手予備校では大学入試のトップ講師の授業を受けることができます。そして、毎年数多くの受験生が、早慶上智、MARCHなどの難関私大・有名私大に現役合格しています。

ただし、大手予備校では、合格する受験生も多い反面、希望の大学・学部に入れない生徒も相当数います。大手予備校の場合、そもそも在籍生徒数そのものが圧倒的に多いからです。

大手予備校のトップ講師の授業は素晴らしいですが、これだけ生徒数が多く、しかも集団授業という形式では、全員を現役合格させるのは無理といえます。

そもそも、予備校が向いていない受験生とは?
予備校の授業を活かすには条件がある

予備校の授業を活かすには条件があります

大手予備校では、順調に伸びる受験生もいれば、そうでない受験生もいます。
注意が必要なのは、そもそも「予備校が向いていない受験生」がいるということです。予備校に通い、大手のトップ講師の授業をどれだけ受けても、成果を出せない生徒さんがいるのです。

そもそも、予備校の授業は「基礎的なことは大体出来ている」という前提で進みます。
そのため、教科書レベルの内容が理解できない高校生には、予備校の講師がどんなに分かりやすく解説しても、内容を理解するのは難しいのです。

予備校で授業を受ける時間は人それぞれです。多い受験生だと、月100時間以上、年間1000時間以上予備校の授業を受けることになります。多くの大学受験生が、膨大な時間を予備校の授業に費やすことになるわけです。ですが、「基礎が抜けている」、「苦手分野が多い」という状況で、いくら予備校の授業を受けても活かすことはできません。ここは注意が必要です。

予備校で成果が出ない理由・・・

ただ、「基礎はそれなりにできている」という受験生でも、大手予備校で成果を出せていない場合もあります。同じように予備校に通いながら、どうして結果を出すことができないのでしょう?

そもそも、予備校は集団授業です。
ですので、同じ講座を取った場合、全員が同じ授業を受けます。その意味では平等です。ただし、「授業の理解度」には個人差があります。ですので、分からないところは、あとから自分で解決しないといけません。

その都度分からないところを解消していかないと、予備校の授業を受ければ受けるほど消化不良になる、悪循環に陥ってしまいます。

予備校以外の自宅学習のやり方が重要

さらに、最も重要になるのは、予備校の授業以外の勉強です。

夏期講習期間などを除けば、予備校の授業を受けるのは1日に数時間程度です。予備校に通っていても、実際には、自宅や自習室で受験生がひとりで勉強する時間の方が圧倒的に多いのです。

そして、受験勉強のなかでかなりの時間を占める自宅学習のやり方を間違えてしまうと、なかなか成果は出せません。どれだけ長時間勉強していても、「やる内容、優先順位を間違えている」、「効率の悪いやり方でくり返している」という状況では、結果につながりません。

「予備校に通っているだけでは伸びない」

とよく言われるのは、こうした理由があるからです。

もちろん、高校生が自分ひとりで正しい受験勉強ができていればいいのですが、実際にはかなり難しいと言えます。やるべきことの優先順位付け、教材・参考書選び、時間管理、暗記の仕方、過去問対策のやり方・・・こうしたことを完璧にできている高校生は稀だといえるでしょう。

予備校が合う受験生、合わない受験生についてまとめてみると以下のようになります。

予備校が合う受験生、合わない受験生

もしも、「基礎があまりできていない」「教科書レベルの内容から不安がある」と言う場合は、大手予備校に通うのは賢い選択とは言えません。

また、予備校が合わないタイプの受験生は、環境ややり方を変えることが必要です。
自分に合わない環境、同じ環境で受験勉強を頑張り続けても、結果だけが急に好転することは考えづらいからです。

やり方や環境を変えれば、結果は大きく変えられる
合格圏外から志望校(学部)に現役合格できた生徒たち!

厳しいようですが、裏を返すと、予備校で成果を出せていない受験生の多くは、やり方や環境を変えれば、結果を大きく変えることができるということです。
実際にメガスタディでも、受験勉強のやり方や環境を変えることで偏差値を大幅に伸ばし、志望校(学部)に合格できた生徒が毎年数多くいます。

合格圏外から志望校(学部)に現役合格できた生徒たち

これらはほんの一例ですが、なかには偏差値40台から(不得意科目はそれ以下の場合も)から、早慶上智、東京理科大、学習院、明治、青山、立教、中央、法政などに受かることも珍しくありません。

学力不足、基礎が穴だらけの受験生が、
志望校(学部)に現役合格するには?

では、志望校に届いていない受験生が、どうすれば希望の大学・学部に合格できるのでしょう?
志望校(学部)に合格するために必要なことは、具体的には次の3つです。

必要なこと① 受験勉強のやり方や環境を見直す

このままでは志望校(学部)に間に合いそうにない高3生が「最優先でやるべきこと」は、受験勉強のやり方や環境を見直すことです。大手予備校(集団)が合っていない場合は、できるだけ早く環境を変えることが必要です。

また、家での勉強の内容ややり方を変えることも必要です。 そもそも、やるべきことを間違えていては、結果は期待できません。また、効果の出ないやり方で暗記や問題演習を何回くり返しても成果にはつながりません。できるだけ早く、自分に合った最適な受験勉強のやり方に切り替えることが必要です。

必要なこと② できるだけ早く、基礎固め・苦手解消を終わらせる

志望校(学部)に現役合格するには、できるだけ早く基礎固めや苦手科目の解消を終わらせることが必要です。基礎的なことが出来ていないと、いつまで経っても本格的な入試対策(過去問対策など)に入れないからです。

たとえば、英語の場合、難関校・上位校になればなるほど、長文対策が必要になります。
学部にもよりますが、慶應や早稲田、上智、青山、明治などは、問題用紙だけで数ページになる、相当な長さの英文が出題されます。

もちろん、このことは受験生も知っています。
そのため、「難関上位私大の英語=長文」という認識で、英語の長文対策に時間を割きます。ですが、「語彙力(単語・イディオム)がない」、「文法・構文の知識がない」状態で長文対策ばかりしても効果は上がりません。

英語だけでなく、すべての科目で同じことが言えます。志望校(学部)がどこであれ、現役合格するには、基礎固めや苦手解消を少しでも早く終わらせることが条件になります。

必要なこと③ 志望校(学部)の傾向に合わせた対策をする

最後に必要になるのは、志望校(学部)の入試傾向に合わせた対策です。

私大の場合、大学ごとに入試傾向が異なります。同じ英語でも、早稲田、慶應、上智、青山、明治・・・大学ごとに入試問題は全く違います。さらに、同じ大学でも、学部ごとに入試問題は違います。

志望校に合わせた対策を

どの大学どの教科でも、「○○学部の英語は、こうすれば合格点が取れる」というポイントがあるので、その傾向に合わせた対策をすることが合格への近道です。

特に、志望校(学部)と学力差の開きが大きい受験生の場合、とにかく時間がありません。そのため、志望校(学部)の入試傾向に徹底的に絞り込んで対策することが必要となります。

ただ、効果的な入試対策(志望校対策)をするには、早稲田なら早稲田、慶應なら慶應の入試傾向に詳しいことが必要です。単に過去問をくり返し解いて慣れるだけなら誰でもできます。それでは意味がありません。

一人でできない場合は、1対1で指導を受ける
私大受験専門のプロ家庭教師という選択肢

ここまでお読み頂きありがとうございました。
結果を出せてない現役生が志望校(学部)に合格するには、次の3つが必要です。

①正しい受験勉強のやり方に切り替える
②できるだけ早く、基礎固めや苦手科目の解消を終わらせる
③志望校(学部)に合わせた入試対策

そして、この3つの条件を満たしているのが、「私立大学受験専門のプロ家庭教師」なのです。

プロ講師

家庭教師であれば、言うまでもなく、完全1対1で指導ができます。理解できていないところは分かるまで徹底的に教え直してもらえます。
また、「基礎固め」「苦手の解消」と言っても、苦手分野や弱点は十人十色ですが、1対1なので、基礎固めや苦手の解消もスムーズに終わらせることが出来ます。
もちろん、家庭教師なら誰でもいいわけではありません。早慶上智、理科大、GMARCHなどの難関上位私大に受からせるには、高い指導力にくわえて、各大学(学部)の対策ノウハウ、専門性、経験、合格実績が不可欠です。

大手予備校でも活躍するトッププロが合格に導きます!

私立大学受験専門のプロ家庭教師

メガスタディには、早慶上智、理科大、GMARCHなど、難関私大・上位私大に毎年合格実績を出している、大学入試のトッププロ家庭教師が多数在籍しています(大手予備校の現役講師・元講師などが多数在籍しています)。家庭教師が出来ることをおおまかに挙げると、以下のようになります。

メガスタディの私大受験専門プロ家庭教師による対策

他にももっとありますが、結果の出ていない現役生を志望校(学部)に合格させる受験指導をメガスタディの家庭教師が行っていきます。

希望の大学に現役合格するために
環境を変えませんか?
ご興味ある方は、まずは資料をご請求ください!

最後までお読みいただきありがとうございました。
私たちメガスタディにご興味お持ちいただいた方は、まずは詳しい資料をご請求いただければと思います。もしくは、下記のフリーダイヤルより、直接お問い合わせください。(もちろん家庭教師をやるかどうか迷っている段階のお問い合わせでも結構です。)

大学受験では、やり方や環境を変えれば、必ず結果を変えることができます。
合格を目指して一緒にがんばりましょう!

家庭教師メガスタディ
スタッフ一同

無料資料請求・お問い合わせはこちら
メガスタディ オンライン
お電話でのお問い合わせはこちら
家庭教師紹介可能エリア
紹介可能エリア-東京
新宿区/ 中野区/ 千代田区/ <世田谷区/ 港区/ 文京区/ 豊島区/ 練馬区/ 目黒区/ 大田区/ 渋谷区/ 杉並区/ 品川区/ 中央区/ 板橋区/ 台東区/ 墨田区/ 江東区/ 北区/ 足立区/ 葛飾区/ 江戸川区/ 荒川区
23区以外の東京都
国立市/ 三鷹市/ 武蔵野市/ 西東京市/ 小金井市/ 小平市/ 調布市/ 町田市/ 狛江市/ 稲城市/ 多摩市/ 八王子市/ 等
紹介可能エリア-神奈川
横浜市
東部/ 西部/ 南部/ 北部
川崎市
その他の神奈川県
大和市/ 綾瀬市/ 相模原市/ 座間市/ 小田原市/ 厚木市/ 海老名市/ 藤沢市/ 逗子市/ 鎌倉市/ 葉山町/ 平塚市/等
紹介可能エリア-埼玉
所沢市/ さいたま市/ 入間市/ 狭山市/ 川越市/ 富士見市/ ふじみ野市/ 朝霞市/ 志木市/ 和光市/ 新座市/ 川口市/ 蕨市/ 戸田市/ 上尾市/ 草加市/ 等
紹介可能エリア-千葉
千葉市/ 市川市/ 船橋市/ 松戸市/ 野田市/
習志野市/ 柏市/ 我孫子市/ 浦安市/ 等
紹介可能エリア-茨城
取手市/ 守谷市/ つくば市/ つくばみらい市/等

※時期・条件によって紹介できない場合もあります。詳細はお問い合わせください。

 ※指導による成果には個人差があります。 ページトップへ