.

全国対応の家庭教師

慶應義塾大学  商学部
英語 入試傾向と対策ポイント

英語対策

このページでは、慶應義塾大学 商学部の英語入試問題の「傾向と対策ポイント」を解説しています。
慶應義塾大学の商学部を目指す方には合格のヒントがきっとありますので、ぜひ参考にしていただければと思います。



慶應義塾大学 商学部 英語の基本情報

試験時間 90分
大問数 7題
解答形式 マークシート式+記述式
頻出単元 論説文

慶應義塾大学・商学部 英語の傾向

文法問題の特徴

文法問題は例年大問7題のうち1題のみの出題で、空所補充問題が出題されています。

形式は、典型的な文法問題の形で、英文の空所を選択肢から選ぶ問題であり、接続詞や時制、態の問題が出題されます。

長文読解の特徴

慶應義塾大学文学部の長文読解は全7題中6題の出題となっています。

長文の内容は、ビジネスや環境関連が多くなっています。

空所補充、内容説明、内容真偽、同意表現など様々ですが、その中でも内容説明の問題が多く出題されており、しっかりとした内容理解が求められます。

元々文章量が非常に多い傾向でしたが、ここ3年は2600~2900語弱と、さらに増えており、90分という時間を考えると解ききることが非常に厳しい試験となっています。

慶應義塾大学・商学部 英語で合格点を勝ち取るには

文法・語法の基礎から

文法問題は標準的なレベルの問題がほとんどのため、標準的な文法問題集などを使い、基礎を徹底的に行うようにしましょう。

語彙力の強化を

長文読解を素早くこなすためにまず必要な力は語彙力です。

単語の意味がわからないと、素早い内容理解が難しくなるため、まずは語彙力をつけるところから始めましょう。

まずは標準的なレベルの単語をしっかり覚え、その上で『早慶上智の英単語』(教学社)などの高いレベルの単語帳を活用し、語彙力の強化を図りましょう。

速読力をつける

語彙を強化しただけでは読解のスピードを上げることはできません。

まず、文の構成をしっかり理解することがとても重要であるため、文章を構成しているひとつひとつの文に注目し、内容や時制をしっかり理解しましょう。

そして、段落ごとの要旨、文章全体の流れ、主題などを捉える練習をしていきましょう。

その上で、素早い読解を心がけることで、速読の感覚を掴むことができるでしょう。

さらに詳しく慶應義塾大学・商学部の傾向と対策を知りたい方、慶應義塾大学・商学部に合格したい方、まずは無料の資料請求、お電話でのお問い合わせ・無料の学習相談をお待ちしております。

家庭教師のメガスタディには、慶應義塾大学・商学部に高い合格実績を出しているトッププロ家庭教師が多数在籍しています。

少しでもご興味をお持ちいただいた方は、まずは合格に役立つノウハウや情報を、詰め込んだ無料の資料をご請求ください。お急ぎの方はお電話ください。

また、慶應義塾大学・商学部に詳しい教務スタッフによる無料の学習相談も承っています。学習状況を伺った上で、残りの期間でどうやって受かるかをご提案いたしますので、ぜひお気軽にお問い合わせいただければと思います。

◀ 慶應義塾大学商学部の他の教科も確認する
メガスタディオンライン
ページトップへ