.

慶應義塾大学  英語
入試傾向と対策ポイント

このページでは、慶應義塾大学の英語の特徴や攻略ポイントを解説しています。慶應義塾大学を目指す受験生にとっては役立つ情報が数多くありますので、ぜひご覧ください。

慶應義塾大学の英語入試問題の特徴

私大受験英語の最難関

慶應の英語は、私大受験英語の最難関です。長文読解のボリュームがかなり多い上、そこに出てくる語彙も非常に高度です。語彙に関しては、文学部は辞書の持ち込みが可能ですが、実際は、問題数・読解量が多いため、速読即解が必要です。慶應合格のためには、慶應レベルの単語は早い段階で暗記し、さらに前後の文脈から意味を推測できる力をつけましょう。

学部ごとに傾向が大きく異なる

同じ難関私大でも、早稲田の英語の場合は、政経・法学部などの難関学部の過去問対策が、他学部対策にもなります。ですが、慶應の英語は、学部ごとに傾向が大きく異なるのでそうはいきません。特に、SFCの2学部(総合政策学部・環境情報学部)は、他とはかなり傾向が違います(一言でいうとかなり英文に慣れた帰国子女が有利な試験)。慶應の英語の場合、出願する学部の入試傾向に即した対策を徹底することが必要です。

難関の法・経済学部では、特殊な問題の出題もある

慶應の英語の中で難易度が最も高い法学部と経済学部では、長文読解並みの読解力が必要な「インタビュー文」・「討論文」が出題されます。これは、他の大学ではあまり見られない出題です。慶應の英語の過去問で、こうした問題も対策しておくことがポイントです。

メガスタディオンライン
受験生応援キャンペーン
メガスタディ公式LINE 大学受験マル秘情報プレゼント
ページトップへ