.

慶應義塾大学  日本史
入試傾向と対策ポイント

このページでは、慶應義塾大学の日本史の特徴や攻略ポイントを解説しています。慶應義塾大学を目指す受験生にとっては役立つ情報が数多くありますので、ぜひご覧ください。

慶應義塾大学の日本史入試問題の特徴

近現代史・テーマ史は、学校の授業だけでは対応できない

慶應の日本史は、学部にもよりますが、経済史、文化史、労働史、外交史など、分野別の歴史(テーマ史)が頻出です。ただ、授業でテーマ史を対策をする学校は少ないため、受験生は慶應の日本史への対策不足に陥りがちです。日本史の教科書も、分野別の歴史にはほとんど対応していません。慶應志望の受験生は、テーマ史を独自で対策する必要があります。

難易度は高いが、教科書・用語集レベルを超えた奇問は少ない

私立最難関校の慶應は、日本史の難易度も高めです。
ただし、学部によって難易度に差があります。また、難易度の高い学部でも、受験生が知りえないような奇問は少なくなっています。慶應の日本史で合格点以上を取るには、教科書をベースに、用語集や史料集で知識を掘り下げていくことが重要です。

学部の特徴に応じた出題テーマ

慶應の日本史は、学部の特性に合わせたテーマで出題されます。例えば、経済学部なら、「経済史」が中心に出題され、統計グラフを利用した問題も頻出です。これはかなり特徴的な傾向です。慶應の日本史の場合、志望学部に的を絞った対策が必要です。

メガスタディオンライン
受験生応援キャンペーン
メガスタディ公式LINE 大学受験マル秘情報プレゼント
ページトップへ