.

慶應義塾大学
法学部
世界史 入試傾向と対策ポイント

偏差値40から慶應義塾大学に合格させます!
私大受験専門・家庭教師メガスタディが入試傾向を徹底解説!

世界史対策

このページでは、慶應義塾大学 法学部の世界史入試問題の「傾向と対策ポイント」を解説しています。
慶應義塾大学の法学部を目指す方には世界史入試の合格のヒントがきっとありますので、ぜひ参考にしていただければと思います。

慶應義塾大学法学部世界史の入試傾向

試験時間60分、大問数4題、マークシート形式

地域・時代を問わず、幅広い知識を問う問題が多い

近現代史中心の傾向が強くなりつつある

文化史は頻出

一部に教科書レベルを超える問題が出題される

慶應法学部の世界史の小問数に注目すると、2011年までは50題程度、2012年に29題と減少し、2013年からは45問程度の状態が続いていましたが、2017年には50問と再び増加しました。時間内に全て解き終えるには、時間配分に注意が必要です。 全てマークシート法による選択式問題です。記述式問題の出題はありません。

慶應法学部の世界史の出題範囲は中世~現代ですが、現代史の要素を含む問題の比重が大きくなっています。 西洋史は、西ヨーロッパを中心に、ロシア、アメリカ、東欧からの出題もあります。東洋史は、中国は頻出ですが、朝鮮、アフリカ、オセアニアなどからの出題もみられます。 分野別にみると、政治史、経済史、文化史を中心に、思想や科学等の分野まで幅広く出題されます。

慶應義塾大学法学部世界史の対策

法学部の現代史は重点的な対策を

慶應法学部の世界史は、分野や地域に関わらず、現代史を重視する問題が多くなっています。

現代史対策のポイントは、重要事項以外にも幅広く詳細な知識をつけておくことです。現代史は、範囲としてはあまり広くありませんが、その分、細かな知識を聞いたり、正確な年代を使って解く問題が出されます。試験問題の中でも、難問が多い範囲です。特に、第二次世界大戦後の国際政治や経済については、知識量の差で合否が左右されてしまうと言っても過言ではありません。教科書だけでなく、用語集や一問一答問題集などを活用し、知識を広げていきましょう。また、山川出版社の『各国別世界史ノート』は、現代史の内容が充実しているサブノートなので、活用しても良いでしょう。

ただし、学校によっては、授業で現代史を扱わない場合もあります。そのような場合は、独自に対策を進めるしかありません。やみくもに対策をしていては、時間がかかりすぎてしまいます。そのような場合は、慶應法学部の世界史の問題傾向に詳しい人に手を借りるのも良い対策です。傾向に合わせてポイントを絞って指導してくれるので、無駄なく合格へ直結する力を身につけられます。

法学部の文化史の対策

文化史は、文学や芸術を中心に、宗教や思想、哲学などの幅広い範囲で出題されます。対策のポイントは、重要事項の内容まで掘り下げて学習することです。文化史対策は、作品名と作者名などの重要事項と関連事項を丸暗記するだけで終わってしまいがちです。しかし、これでは慶應 法学部の問題は解けません。合格できる解答を作るには、それぞれの事項の内容理解まで掘り下げて学習することが大切です。

学習は、用語集と世界史辞典を組み合わせた学習をおすすめします。用語集には、教科書だけではカバーしきれない重要用語が載っているので、幅広く知識をつけることができます。また、世界史辞典は、用語集の解答だけでは足りない解説をしてくれるので、重要事項の内容まで掘り下げた学習ができます。山川出版社の『世界史B用語集』などの用語集を活用すると良いでしょう。また、世界史辞典には、山川出版の『世界史小辞典』や三省堂の『詳説 世界史辞典』がおすすめです。

慶應法学部の世界史に出てくる文化史は、歴史上の知識を問うだけでなく、教養を問うような問題も出題されることがあります。日ごろから、文学や芸術をはじめ、様々な文化史に関わるものに注目しておくことが大切です。

「考える」世界史学習に取り組む

慶應大では法学部だけでなく各学部において、グローバルな視点や地理的知識も含めた総合理解を問う問題、考察力を測る問題の出題比率が高まっているように思われます。過去問で傾向を確認しつつ、資料集などを積極的に活用しながら、世界史を「理解」すること、すなわち「暗記」 に頼らず「考える」世界史学習に取り組んでおくことが重要です。また、問題には独自の傾向があるので、慶應法学部の入試に詳しい人に、問題のポイントや押さえておくべき事項を教えてもうことも良い対策です。必要な内容に絞り込んで教えてくれるので、効率よく合格できる力をつけることができます。

慶應義塾大学・法学部の傾向と対策を知りたい方、
まずは無料の資料請求、学習相談を

家庭教師のメガスタディには、慶應義塾大学・法学部に高い合格実績を出しているトッププロ家庭教師が多数在籍しています。

少しでもご興味をお持ちいただいた方は、まずは合格に役立つノウハウや情報を、詰め込んだ無料の資料をご請求ください。お急ぎの方はお電話ください。

また、慶應義塾大学・法学部に詳しい教務スタッフによる無料の学習相談も承っています。学習状況を伺った上で、残りの期間でどうやって受かるかをご提案いたしますので、ぜひお気軽にお問い合わせいただければと思います。

◀ 慶應義塾大学法学部の他の教科も確認する

慶應義塾大学・法学部 科目別対策

メガスタディオンライン
メガスタディ公式LINE 大学受験マル秘情報プレゼント
ページトップへ