.

全国対応の家庭教師

上智大学  外国語学部
数学 入試傾向と対策ポイント

数学対策

このページでは、上智大学 外国語学部の数学入試問題の「傾向と対策ポイント」を解説しています。
上智大学の外国語学部を目指す方には合格のヒントがきっとありますので、ぜひ参考にしていただければと思います。

上智大学・外国語学部・英語学科・数学の入試傾向

基本情報

試験時間 60分
大問数 3題
解答形式 マークシート式
その他

大問の内訳・内容

大問 項目 解答形式 備考
1 微分・積分 マーク 微積分の融合、定積分、恒等式、因数定理
2 ベクトル マーク ベクトルと図形
3 約数・倍数 マーク 約数と倍数、不定方程式、記数法

難度が高い

上智大学外国語学部の数学は相当の数学的思考力、計算力が要求されるため、文系志望にとってはかなり難度の高い試験です。

図形と方程式・微分法・積分法に関連する問題が頻出

上智大学外国語学部の数学では、図形と方程式や微分法・積分法の分野からの出題が目立ちます。また、図形問題の中でも、微分法・積分法・ベクトルなど他の分野に絡めた複合問題も多い傾向にあります。

上智大学・外国語学部・英語学科・数学の対策

基礎力の充実を

上智大学外国語学部の数学は、文系にとってはかなりレベルの高い問題が出題される傾向にあります。まずは基礎的な公式や定理を覚えることが重要です。その上で、やや難度の高い応用問題に取り掛かりましょう。

時間を意識した問題演習を

上智大学外国語学部の数学は大問こそ少ないですが、時間内に終わらせるのは難しいです。したがって、難易度の高い問題に慣れ、典型的な問題は素早く解答できるようになっておきましょう。そのためには、時間を計って問題に取り組むことが有効です。問題を解くのにどれくらい時間がかかるのかを把握し、時間感覚を身に付けましょう。また、上智大学ならではの問題による誘導に慣れることも大切です。なので、過去問を使った演習も行いましょう。上智大学では、学部による問題傾向の差がすくないので、受験する学科以外の過去問も積極的に利用してみてください。

上智大学・外国語学部・ドイツ語学科・ポルトガル語学科・数学の入試傾向

基本情報

試験時間 60分
大問数 3題
解答形式 マーク式
その他 小問集合あり

大問の内訳・内容

大問 項目 解答形式 備考
1 小問集合 マーク 複素数、確率など
2 図形と計量 マーク 座標空間における正四面体
3 微分法 マーク 三次方程式

限られた試験時間内で、取捨選択が大切

上智大学外国語学部の数学は、試験時間に対して計算量が多いのが特徴です。そのため、時間内に解ききるのは厳しい試験になっています。ただ各大問の最初には、比較的用に解ける導入問題が数問あります。そのため、問題の誘導に従いながら、解ける問いを見極めることが攻略の鍵になるでしょう。

図形と方程式・微分法・積分法に関連する問題が頻出

上智大学外国語学部の数学では、図形と方程式や微分法・積分法の分野からの出題が目立ちます。また、図形問題の中でも、微分法・積分法・ベクトルなど他の分野に絡めた複合問題も多いので意識して解くようにして下さい。

上智大学・外国語学部・ドイツ語学科・ポルトガル語学科・数学の対策

難問を見据えた、基礎事項の徹底を

上智大学外国語学部の数学は、レベルの高い問題が多く、思考力が問われます。具体的には、複数の問題を組み合わせたような問題が多くなっています。そのため、安易な公式の丸暗記だけでは対応できません。しっかりと、公式の定義から定理を導く(導出)過程を確認するなどして、基本的な事項の本質的な理解を心がけるようにして下さい。

時間を意識した問題演習を

上智大学外国語学部の数学は、大問こそ少ないですが、時間内に終わらせるのは難しいです。したがって、難易度の高い問題に慣れ、典型的な問題は素早く解答できるようになっておきましょう。そのためには、時間を計って問題に取り組むことが有効です。問題を解くのにどれくらい時間がかかるのかを把握し、時間感覚を身に付けましょう。

また、上智大学ならではの問題による誘導に慣れることも大切です。なので、過去問を使った演習も行って下さい。上智大学では、学部による問題傾向の差がすくないので、受験する学科以外の過去問も積極的に利用してみてください。

上智大学・外国語学部・フランス語学科・イスパニア語学科・ロシア語学科・数学の入試傾向

難度が高い

上智大学外国語学部の数学は相当の数学的思考力、計算力が要求されるため、文系志望にとってはかなり難度の高い試験です。

図形と方程式・微分法・積分法に関連する問題が頻出

上智大学外国語学部の数学では、図形と方程式や微分法・積分法の分野からの出題が目立ちます。また、図形問題の中でも、微分法・積分法・ベクトルなど他の分野に絡めた複合問題も多い傾向にあります。

上智大学・外国語学部・フランス語学科・イスパニア語学科・ロシア語学科・数学の対策

基礎力の充実を

上智大学外国語学部の数学は、文系にとってはかなりレベルの高い問題が出題される傾向にあります。まずは基礎的な公式や定理を覚えることが重要です。その上で、やや難度の高い応用問題に取り掛かりましょう。

時間を意識した問題演習を

上智大学外国語学部の数学は大問こそ少ないですが、時間内に終わらせるのは難しいです。したがって、難易度の高い問題に慣れ、典型的な問題は素早く解答できるようになっておきましょう。そのためには、時間を計って問題に取り組むことが有効です。問題を解くのにどれくらい時間がかかるのかを把握し、時間感覚を身に付けましょう。また、上智大学ならではの問題による誘導に慣れることも大切です。なので、過去問を使った演習も行いましょう。上智大学では、学部による問題傾向の差がすくないので、受験する学科以外の過去問も積極的に利用してみてください。

さらに詳しく上智大学・外国語学部の傾向と対策を知りたい方、上智大学・外国語学部に合格したい方、まずは無料の資料請求、お電話でのお問い合わせ・無料の学習相談をお待ちしております。

家庭教師のメガスタディには、上智大学・外国語学部に高い合格実績を出しているトッププロ家庭教師が多数在籍しています。

少しでもご興味をお持ちいただいた方は、まずは合格に役立つノウハウや情報を、詰め込んだ無料の資料をご請求ください。お急ぎの方はお電話ください。

また、上智大学・外国語学部に詳しい教務スタッフによる無料の学習相談も承っています。学習状況を伺った上で、残りの期間でどうやって受かるかをご提案いたしますので、ぜひお気軽にお問い合わせいただければと思います。

◀ 上智大学外国語学部の他の教科も確認する

上智大学・外国語学部 科目別対策

メガスタディオンライン
ページトップへ