.

上智大学  国語
入試傾向と対策ポイント

このページでは、上智大学の国語の特徴や攻略ポイントを解説しています。上智大学を目指す受験生にとっては役立つ情報が数多くありますので、ぜひご覧ください。

上智大学の国語入試問題の特徴

上智の現代文は読解力勝負!

上智の国語の現代文は、ほぼ全てが読解問題(内容説明)で構成されています。知識問題はほとんど出題されません。これは、上位難関大学の国語の中でも珍しい傾向です。正確な読解力が求められる試験です。

上智の古文は私大最難関レベル

私立大学の国語の中でも、上智大学の国語の古文は、特に難易度が高くなっています。
合格点以上取るには、動詞・形容詞・形容動詞・助動詞の活用など、文法が完璧であることが前提です。その上で、読解力が問われます。また、問題文自体が長い学部が多いので、スピードは必須です。

漢文は文法問題・内容説明問題中心

上智大学の国語の漢文は、一部日程(第3日程)を除き、文法などの知識問題と内容説明の選択問題中心です。基本句形・用字法はもちろん、字義なども押さえた上で、沢山の読解問題練習を行う必要があります。

どの日程・学部でも、レベル・内容には大きな差がない

上智大学の国語はどの日程・学部の試験であっても、レベルや内容には大きな差がありません。上記のとおり、上智大学の国語は相当な慣れが必要なので、他学部の国語の過去問を使って、徹底的に対策する必要があります。

メガスタディオンライン
受験生応援キャンペーン
メガスタディ公式LINE 大学受験マル秘情報プレゼント
ページトップへ