.

慶應義塾大学
商学部
日本史 入試傾向と対策ポイント

偏差値40から慶應義塾大学に合格させます!
私大受験専門・家庭教師メガスタディが入試傾向を徹底解説!

日本史対策

このページでは、慶應義塾大学 商学部の日本史入試問題の「傾向と対策ポイント」を解説しています。
慶應義塾大学の商学部を目指す方には日本史入試の合格のヒントがきっとありますので、ぜひ参考にしていただければと思います。

慶應義塾大学商学部 日本史の入試傾向

基本情報

試験時間 60分
大問数 3題
解答形式 マークシート・記述
その他

大問の内訳・内容

大問 項目 解答形式 備考
1 社会史 マーク・記述 原始~近世の社会
2 外交史 マーク・記述 明治時代の外交
3 経済・社会史 マーク 現代の経済・社会

解答方法に特徴あり

慶應商の日本史は解答方法に大きな特徴があります。選択肢の数が多いため、ひとつの解答に対してマークシートを2箇所塗りつぶすことになります。

テーマ史が頻出

慶應商の日本史は、社会史、経済史、外交史など、比較的大きなテーマによる出題が多くなっています。

論述問題も出題

慶應商の日本史では、ある事柄について20~60字程度で説明する論述問題も出題されます。

標準レベル

慶應商の日本史は、問題の多くが教科書の範囲から出題されるため、全体的に標準レベルとなっています。

慶應義塾大学商学部 日本史の対策

教科書の範囲を徹底的に

慶應商の日本史は多くの問題が基本問題のため、教科書を徹底的に学習する方法が効果的です。また、その際、用語集なども併用し、周辺知識も身につけることで、少し難度の高い問題も対応することができます。

テーマ別学習を

慶應商の日本史は、テーマ史が頻出です。特に、経済史、社会史、外交史あたりは頻出なので、年表整理などをし、そのテーマでの時代の流れは必ず押さえておきましょう。

過去問に慣れる

慶應商の日本史は、解答形式が少し複雑なため、過去問に取り組み、慣れることがとても重要です。試験当日に動揺しないためにも、できるだけ多くの過去問に取り組み、慣れていきましょう。

慶應義塾大学・商学部の傾向と対策を知りたい方、
まずは無料の資料請求、学習相談を

家庭教師のメガスタディには、慶應義塾大学・商学部に高い合格実績を出しているトッププロ家庭教師が多数在籍しています。

少しでもご興味をお持ちいただいた方は、まずは合格に役立つノウハウや情報を、詰め込んだ無料の資料をご請求ください。お急ぎの方はお電話ください。

また、慶應義塾大学・商学部に詳しい教務スタッフによる無料の学習相談も承っています。学習状況を伺った上で、残りの期間でどうやって受かるかをご提案いたしますので、ぜひお気軽にお問い合わせいただければと思います。

◀ 慶應義塾大学商学部の他の教科も確認する
メガスタディオンライン
メガスタディ公式LINE 大学受験マル秘情報プレゼント
ページトップへ