.

成蹊大学
経済学部
数学 入試傾向と対策ポイント

偏差値40から成蹊大学に合格させます!
私大受験専門・家庭教師メガスタディが入試傾向を徹底解説!

数学対策

このページでは、成蹊大学 経済学部の数学入試問題の「傾向と対策ポイント」を解説しています。
成蹊大学の経済学部を目指す方には数学入試の合格のヒントがきっとありますので、ぜひ参考にしていただければと思います。

傾向

成蹊大学 経済学部(一般入試[A方式])の数学は、大きく3つの特徴があります。

・図形問題が頻出
・計算量の多い小問が出題される
・小問集合が出題される

こうした傾向に合わせ、成蹊大学 経済学部(一般入試[A方式])の数学で合格点を取るための対策を、これからお伝えしていきます。

出題範囲

数学Ⅰ・Ⅱ、数学A・B(数列、ベクトル)からまんべんなく出題されています。

難易度

標準

出題量

例年、大問6題の出題です。
試験時間は60分で試験時間内に全問解き終えることは厳しいです。

出題・解答形式

例年、すべてマーク式です。

出題内容

大問1は小問集合です。
全範囲からまんべんなく出題されていますが、「ベクトル」「数列」「図形と方程式」「確率」「三角関数」などがやや頻出です。

対策

図形問題の対策がポイント

頻出の「図形と方程式」を重点的に対策する必要があります。対策のコツを2つ紹介します。
1つ目が作図です。
作図をすると、たくさんの条件が整理でき、解答のポイントに気付きやすくなります。
2つ目は公式の暗記です。
図形問題では三角関数に関する問題が頻繁に出題されます。
ですから、定理をしっかりと暗記しましょう。しかし、三角関数に関する定理は数が多く、それぞれが似ているため、混同しやすいです。混同を防ぐために、定理を導く(導出)過程を確認するとよいでしょう。なぜなら、記憶が定着しやすくなるからです。さらに、入試本番で定理を忘れたとしても、導出が可能になります。

速い計算ですべての問題を解く

成蹊 経済学部(一般入試)の数学は、小問でも計算量が多く、時間のかかる問題が出題されます。時間内に終えるためには計算のスピードを上げることが必要です。
そのためには、制限時間を設定すると良いでしょう。毎回問題演習や計算に制限時間を設定すれば、自ずと時間内に終わらせようとして、計算スピードが上がります。

試験時間を意識する

時間のかかる小問が多いことから、時間配分がとても重要です。時間配分を考えないと、1つの問題に時間をかけすぎて、最後まで解き終わらなくなってしまいます。
ですから、問題を解くときは必ず時間を意識し、時間感覚を身につけることが大切です。
時間感覚を身につけるために、過去問を解いて、どの問題にどれくらい時間をかけるか作戦を練っておきましょう。
過去問の数には限度があるので、自分で類似問題を問題集から探して、挑戦するのも良い方法です。
ただ、受験生が1人で類似問題を見つけるのは簡単ではないので、成蹊 経済学部の数学に詳しい人の手を借りるのも良いでしょう。
成蹊 経済学部に詳しい人は成蹊 経済学部の数学の類似問題を数多く知っているので、入試までに解いておくべき問題を具体的に指導してくれます。さらに、捨てるべき問題・解くべき問題の見分け方など、入試本番で点数を稼ぐ方法を教えてくれたり、時間配分の作戦を練ってくれるので、合格に結びつく力が身に付きます。

成蹊大学・経済学部の傾向と対策を知りたい方、
まずは無料の資料請求、学習相談を

家庭教師のメガスタディには、成蹊大学・経済学部に高い合格実績を出しているトッププロ家庭教師が多数在籍しています。

少しでもご興味をお持ちいただいた方は、まずは合格に役立つノウハウや情報を、詰め込んだ無料の資料をご請求ください。お急ぎの方はお電話ください。

また、成蹊大学・経済学部に詳しい教務スタッフによる無料の学習相談も承っています。学習状況を伺った上で、残りの期間でどうやって受かるかをご提案いたしますので、ぜひお気軽にお問い合わせいただければと思います。

◀ 成蹊大学経済学部の他の教科も確認する
メガスタディオンライン
受験生応援キャンペーン
メガスタディ公式LINE 大学受験マル秘情報プレゼント
ページトップへ