.

全国対応の家庭教師

成蹊大学  政治経済
入試傾向と対策ポイント

このページでは、成蹊大学の政治経済の特徴や攻略ポイントを解説しています。成蹊大学を目指す受験生にとっては役立つ情報が数多くありますので、ぜひご覧ください。

成蹊大学の政治経済入試問題の特徴

高度な知識が要求される問題も

成蹊学院の政治経済は、基本的には標準的なレベルの問題が中心です。ですが、成蹊学院のどの学部・日程の政治経済でも、かなり高度な知識が要求される問題も少数出題されます。資料集・教科書・用語集で基礎を定着させた上で、地歴・時事対策を行うことが大切です。

歴史との関連まで押さえる

また、成蹊学院のどの学部・日程の政治経済の試験でも、現状に至るまでの歴史的経過を含めた、時代背景の知識が要されます。ただ用語を丸暗記するのではなく、政治経済の動き・出来事を流れとして捉えておくことが必要です。

論述問題はかなりのボリューム

成蹊学院の文学部・教育人間科学部・国際政治経済学部の政治経済では、相当なボリュームの論述問題が出題されます。単なる用語説明レベルではなく、歴史との関連や経緯への理解など、かなり踏み込んだ知識が要求されます。

成蹊大学政治経済 学部別の出題傾向と特徴

メガスタディオンライン
ページトップへ