.

成蹊大学
経済学部
政治経済 入試傾向と対策ポイント

偏差値40から成蹊大学に合格させます!
私大受験専門・家庭教師メガスタディが入試傾向を徹底解説!

政治経済対策

このページでは、成蹊大学 経済学部の政治経済入試問題の「傾向と対策ポイント」を解説しています。
成蹊大学の経済学部を目指す方には政治経済入試の合格のヒントがきっとありますので、ぜひ参考にしていただければと思います。

傾向

成蹊大学 経済学部A方式の政治・経済は、大きく4つの特徴があります。

・基本的な事項が過半数を占めている
・非常に難度が高い問題も出題される
・正誤判断の問題が頻出
・時事問題がよく出る

こうした傾向に合わせ、成蹊大学 経済学部A方式の政治・経済で合格点を取るための対策を、これからお伝えしていきます。

出題範囲

政治・経済・国際の各分野から、幅広く出題されています。

難易度

標準・やや難

出題量

例年、大問3題で、解答個数40~45個程度の出題でしたが、2016年度は大問4題の出題でした。回答数に大きな変動は見られませんでした。
試験時間は60分です。

出題・解答形式

全問マークセンス方式です。
かなり多くが短文選択肢による正誤判断で、グラフ・表などの資料が多数使われているのが特徴です。

出題内容

大問では重要単元がまんべんなく出題されています。小問では経済理論、資源・環境問題、国際政治・国際経済などが頻出しています。
また、法律や条約、会議などを年代順に配列する問題も、例年数問出題されています。

対策

基本問題で着実に正解するには

成蹊 経済学部の問題は、基本問題と難問のレベル差が大きいことに特徴があります。そのため、難問で得点するのは難しく、解けない受験生も多く、難問では差がつきにくいという傾向があります。ですから、合格点を取るには、基本問題を取りこぼしなく着実に正解することが必要です。
大半の問題は、教科書の基本事項をマスターすれば正解できます。教科書に書かれていることはグラフや表、図版・脚注までしっかりと理解を深めておきましょう。その際には、必ず『新政治・経済資料』(実教出版)などの最新の資料集と併用し、知識の幅を広げて行きましょう。

正誤判断はこうして実力を養成する

成蹊 経済学部の政治・経済は、短文選択肢による正誤判断の問題が多い傾向があります。ですから、正誤判断の問題を解けるようにすることが合格のポイントです。対策としては、問題構成が類似しているセンター試験の過去問に取り組むことです。このとき、単に正解を選んだだけで終わりにしないことが大切です。選択肢1つひとつについて「なぜ間違っているのか」の根拠を明らかにすることで、さらに実力を養成できます。
ただ、問題集によっては解説が足りないことも多くあります。成蹊経済学部の政治・経済の傾向に詳しい人は、解説ではカバーし切れていない部分についてもしっかり解説してくれるので、効率良く合格に必要な知識を身に付けられます。

時事問題対策

成蹊 経済学部では時事問題がよく出題されます。ですから、時事問題対策は必須です。
頻出する時事問題については、日頃からニュースを見たり、新聞に目を通したりするようにしましょう。その際に時事ネタをまとめるための専用ノートを用意し、ニュースや新聞の要点を記入して整理するのもお勧めです。
ただ、どのニュースが狙われるのか、どの時事ネタが重要なのかを受験生が判断するのは難しいと言えます。成蹊経済学部の政治・経済に詳しい人なら、「どういう問われ方をするのか」「どんな学習をすれば点数が取れるのか」などを指導してくれます。ポイントを絞って成果の出る時事問題対策ができるので、成蹊経済学部に詳しい人の手を借りるのも良いでしょう。

成蹊大学・経済学部の傾向と対策を知りたい方、
まずは無料の資料請求、学習相談を

家庭教師のメガスタディには、成蹊大学・経済学部に高い合格実績を出しているトッププロ家庭教師が多数在籍しています。

少しでもご興味をお持ちいただいた方は、まずは合格に役立つノウハウや情報を、詰め込んだ無料の資料をご請求ください。お急ぎの方はお電話ください。

また、成蹊大学・経済学部に詳しい教務スタッフによる無料の学習相談も承っています。学習状況を伺った上で、残りの期間でどうやって受かるかをご提案いたしますので、ぜひお気軽にお問い合わせいただければと思います。

◀ 成蹊大学経済学部の他の教科も確認する
メガスタディオンライン
受験生応援キャンペーン
メガスタディ公式LINE 大学受験マル秘情報プレゼント
ページトップへ